So-net無料ブログ作成

母神山古墳群―上母神・下母神支群

 「母神山古墳群ー上母神支群」(観音寺市木之郷町上羽上)は、母神山塊の北西部にあり「上母神1~9号墳」が北西方向にのびる支脈に沿って直線状に並ぶ。いずれも中小墳で、次の2基が発掘調査され、のちに消滅した。
 「4号墳」は「総合運動公園」の体育館脇にあったものが、1978(昭和53)年の開発計画にともなって発掘調査された。径11.6m/高さ2-2.5mの円墳で、周溝を含めた墓域は径17.3mと推定。
 全長4.55mの複式構造の横穴式石室が西南西に開口し、直刀(長さ81.5cm)1、刀子5、鉄鎌2、鉄斧1、鉄鏃8、馬具片5、ガラス小玉12、須恵器片多数を出土した。6世紀後半から末にかけての築造。

 「8号墳」はひさご塚の北西に隣接し、大正期に開墾され農地化していたものを1995(平成7)年に「総合運動公園」の拡張工事にともない発掘調査した。径19mの円墳で、最大幅5mの周溝を含めた墓域は径27mに達し、母神山古墳群において規模第3位である
上母神8号の石室2つ.JPG 横穴式石室が2基あり、第1石室は全長6.5mの両袖型で西北西に開口し、羨道[長さ3m×幅0.6m]、玄室[長さ3.4m×幅1.6m]を測る。耳環、鉄鏃などの鉄器、玉類、須恵器を出土した。第2石室は全長3.8mの両袖型で東北東に開口し、羨道[現存長1.2m×幅0.8m]、玄室[長さ2.6m×幅1.2m]を測る。紡錘車、鉄鏃、ガラス小玉を出土した。6世紀末から7世紀初にかけて同時期に造られたと推定。2基の石室が、自由広場の脇に移築保存されている。(写真)
 1墳丘2横穴式石室の形式は全国で100例近くを数え、伊予の松山平野など瀬戸内沿岸に多いという。本墳は2石室が角度125°を有して並列せず異なる方向を向くが、こうした例は全国的に珍しいものの、皆無ではないらしい。

 「1・3号墳」は、それぞれ径20mおよび径8mと推定される円墳で現存するが、発掘調査をしておらず詳細不明。(写真は「1号墳」)上母神1号.JPG
 「2・9号墳」は大きく損壊しており、詳細不明。
 「5・6・7号墳」は詳細不明のまま、現存しない。

 「母神山古墳群ー下母神支群」(観音寺市木之郷町下羽上)は、母神山塊の先まで北西方向に数100mのびる支脈上にあり「下母神1~6号墳」が先端付近に蝟集する。1977(昭和52)年に高速自動車道の建設にともなって発掘調査され、いずれも消滅した。6世紀中葉から末の築造とされる。
 「1号墳」は径12mの円墳で、全長5.4mの両袖型横穴式石室があり、玄室は長さ3.5m×幅1.6m]。耳環、紡錘車、蓋杯・平瓶・
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。