So-net無料ブログ作成

羽床盆地の中期古墳

 綾川が中流域で形成する羽床盆地は、東西約6km/幅約1kmの細長い扇状地である。この河岸段丘におびただしい数の古墳があり、そのなかに中期古墳の典型のいくつかがある。津頭周辺頭.png

 「津頭古墳群」(綾川町小野津頭)は、北流する綾川が中流域で小丘陵にぶつかり、鋭角的に東方向に流れを変える地域にある。ぶつかる左岸の丘陵を浦山丘陵といい、対岸の右岸に触角のように突き出す地形を津頭(つがしら)と呼ぶ(図は国土地理院地図に加筆)。
 ここに円墳5基があり、2基が発掘調査されたが、現在はすべて消滅している。副葬品の武具類に畿内だけで作られたものがあり、被葬者は農事に基盤をおいて畿内王権の傘下に入った武人が想定される。讃岐における中期古墳の典型のひとつ。
 「津頭東古墳」は、綾川が流れの方向を変える少し手前の右岸(東岸)にあった。昭和45年に調査され、径35mの円墳と推定。葺石・埴輪あり。
1墳多葬墓で、竪穴式石槨4基と粘土槨2基があった。1号石槨は、板状安山岩を小口積みした竪穴式石槨[長さ5.25m×幅0.7m×深さ0.7m]で、頭位は東南。(?製)内行花文鏡(径10.6cm)1、鉄剣2、太刀1、鉄斧2、?(ヤリガンナ)1、鉄鏃を出土した。長さ3.05mの4号粘土槨がこれに並行し、(?製)四獣鏡(径11.5cm)1、横矧 (よこはぎ) 板革綴り式短甲1、鉄鏃30、鋤先1、鑿(ノミ)1などを出土した。
 2号石槨は[長さ2.7m×幅0.5m]で、周辺から銅鏡などが出土。3号石槨は[長さ6.6m×幅0.8m]と最長だが、鉄鏃・小玉を出土したのみ。4世紀後半~5世紀前半の築造。

 「津頭西古墳(蛇塚)」は、津頭東古墳から400mほど下流で、綾川が鋭角的に流れの方向を変える地点の右岸 (内側)にあった。1917(大正6)年に発掘調査され、径7mの円墳と推定。
 竪穴式石槨[長さ4.0m×幅1.2m×深さ1.2m]は、画紋帯環状乳四神四獣鏡(径14.8cm)1、三環鈴1、銀製垂飾り付き耳飾りの残穴、衝角付き冑1、眉庇付き冑([?])1、横矧板鋲留式短甲3、頸甲1、小札1括り、金銅製鏡残片、鉄矛2、直刀、直弧文付き鹿角製刀装具、槍身2、石突きの残穴、鉄鏃残片、鉄斧、須恵器(高杯3、蓋杯2)などと、副葬品が豊富であった。5世紀後半の築造。

 「岡の御堂古墳群」(綾川町滝宮)は、綾川が鋭角的に曲がったあと、東へ500mほど下流の右岸(南岸) にあった。東からのびる丘陵端(標高53m)に円墳3基があり、同じく武人的な農事者を思わせる副葬品があった。滝宮小学校の移転計画にともない、1976(昭和51)年に発掘調査された。2,3号墳は消滅し、1号墳の埋葬施設が移築・保存されている。(写真は岡の御堂古墳と滝宮小学校)岡の御堂古墳と滝宮小学校.JPG
 「1号墳」は、径13m/高さ2mの円墳で、幅2.5mの周濠あり、葺石あり、円筒・朝顔形埴輪あり。埋葬部は川原石と板石による箱式石棺[長さ2.4-2.5m×幅0.7-0.8m×深さ0.4m]が東頭位にあったと推定。盗掘を受けていたが、鉄刀(長さ107.5cm)1、鉄剣3、鉄矛1、鉄鏃25以上、横矧板鋲留式短甲1、轡1、鮫具1、帯金具9以上、鉄鎌1、鋤先2、鉄斧2、刀子2、須恵器・土師器多数を出土した。5世紀後半の築造。
 「2号墳」が東側に隣接し、径11-12m/高さ1.25mの円墳と推定、幅1.2-2.5mの周濠がめぐり、円筒・朝顔形埴輪あり、葺石不明。東西方位の墓壙[長さ3.15m×幅0.6-0.7m×深さ0.2m]に木棺直葬と推定。攪乱が大きく、副葬品として短甲・鉄剣・鉄鏃・刀子の残片のほか、須恵器(?(ハソウ)2、蓋杯1、甕片)と土師器(壺1、高坏2)があった。5世紀末の築造。
 「3号墳」は、1・2号墳から北へ50mほど下る位置にあり、径9.6-10.05mの円墳で、幅1-1.5mの周濠があったと推定。石材などが持ち去られ、埋葬施設も遺物も見当たらない。

 綾川をさかのぼって上流へ向かうと、東西に長い羽床盆地の中央部も古墳の宝庫である。
 「末則(すえのり)1号墳」(綾川町山田下末則)は、盆地中央部へ北から南にのびる丘陵端にある。8~10基の円墳で構成される「末則古墳群」の盟主墳と見られ、土砂採取が迫って、1975(昭和50)年度に調査された。
 径24.6m/高さ3.3m以上の円墳で、葺石と埴輪が2重にめぐり、円筒・朝顔形埴輪、石製獣形品(猪か馬)、須恵器片が採集された。埋葬部は、隅丸長方形の土壙 [長さ3.78m×幅2.2m×高さ0.44-0.48m]のなかに竪穴式石槨[長さ2.68m×幅0.62-0.72m×高さ0.4-0.45m]が南東/北西方位にあった。石材は大部分が川原石で、最上段には板石があり、鉄刀(90.5cm)1、鉄剣(62.5cm)1、鉄鏃10を出土した。
 5世紀後半から末にかけての築造で、古墳統制が緩むなかで、地域の有力者が造った中期古墳であろう。墳丘は土砂採取を免れ、保存されることとなった。

 盆地の縁辺には、ほかにも中期古墳と思しきものがある。
 「吉田古墳」(綾川町山田下末則)は、末則古墳群と同じ丘陵の北側(上方)にある2基で、「1号墳」は径7m/高さ1.5m、「2号墳」は径15m/高さ3-4mのそれぞれ円墳とみられるが、埋葬部未調査。
 「大塚神社古墳」(綾川町牛川)は、綾川の左岸(南岸)で、支流の牛川沿いにあり、水田に囲まれる。墳頂に大塚神社の社殿が建つことで守られたとみられ、2001,02(平成13,14)年度に調査された。墳長55m/後円部径40mの帆立貝式前方後円墳で、盾形の周濠が認められた。出土品は、壺形・形象埴輪の細片のみ。
 「大興寺古墳」(綾川町山田上西俊則)は、前期古墳の「三島古墳」があるのと同じ丘陵上で、東へのびる小尾根にある。辺15m/高さ3mの方墳ないし前方後方墳と推定され、土師器を出土したが、詳細不明。
 「中尾古墳群」(5基で構成)および「滝宮万塚古墳群」(10数基から成り大規模な盗掘と破壊を受けた)も、古墳時代中期のものと見られるが、実態が十分に明らかでない。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。