So-net無料ブログ作成
前の20件 | -

三豊平野の中期古墳

 古墳時代の中期には燧灘の海近くで始まった古墳築造が内陸部にも広がり、三豊平野の全域で古墳が造られる。数人の首長が割拠する状況が現れたようで、そのなかに石室や石棺に九州との関係を色濃く示す古墳が登場する。
 讃岐の中-東部では、5世紀前葉に津田湾内陸部で富田茶臼山古墳が登場するにしたがい中期古墳の築造が低調になったが、西部では対照的な様相が生まれたようだ。

 「台山古墳」(観音寺市豊浜町台山)は、三豊平野の西南端で、阿讃山脈の大谷山(標高507m)から北にのびる丘陵端にある。燧灘を一望する台山(標高157m)の中腹に位置し、台山公園の高所(標高60m/比高30m)にある。墳丘の北裾が天照大神を御祭神とする五十鈴神社の社殿建設により削平された。1990(平成2)年に確認調査が行われた。
 辺19m/高さ1.8m以上と想定される方墳で、葺石として使われた川原石および円筒・朝顔形埴輪が採集された。埋葬部未調査。被葬者は、製塩や舟運に関与した首長であろう。5世紀初の築造を推定。

 「大塚古墳」(三豊市豊中町上高野)は、三豊平野の中央部北寄りで、水田と畑に囲まれた平地(標高23m/比高0m)にある。讃岐の古代寺院で最古とされる「妙音寺」の北300mにあり、墳頂に祠が立つ。かつて“王塚”と称されたのが転じたものという。2014(平成26)年度に確認調査が行われた。
 基底石まで測ると径17.75mの円墳で、埴輪列まで含めると径22.0m、周濠まで含めると径37.5mとなる。試掘(トレンチ)の折に、川原石の葺石および円筒・朝顔形埴輪が確認されたが、形象埴輪はなかった。埋葬部未調査。
 埴輪の特徴と並べ方が大阪府堺市で5世紀第2四半期に築造された「百舌鳥御廟山(もず・ごびょうやま)古墳」(墳長203mの前方後円墳)に似るという。この方式が伝わったと考えれば、5世紀半ばの築造が推定される。
 「百舌鳥御廟山古墳」は百舌鳥古墳群において第4位の規模で、同時代での全国順位は第7位である。このときは古市古墳群で全国第2位の「誉田御廟山古墳」(伝・応神陵)が築造された時代である。

 「室本丸山古墳」(観音寺市室本町)は、三豊平野の西部で、稲積山(標高407m)から南に派生する丸山(標高50m)の頂上にある。古くは郷亀山と呼ばれた山で、前期古墳の鹿隈かんす塚よりさらに海寄りにある。明治期に丸山神社(当時は「山祇殿社」)の社殿が建設された折に、墳丘の南半分が削平された。1947(昭和22)年、1998,99(平成10,11)年、2003(平成15)年に、累次の調査が行われた。
 径35m/高さ3.5mの円墳で、中期古墳ながら讃岐で最初に横穴式石室を採用した古墳とされ、九州の影響が観取される。葺石があり、円筒・衣蓋埴輪のほか馬形・鳥形・偶蹄目の動物埴輪を出土した。
 扁平な板石や割石を小口積みで持ち送りした石室は南北方位で [現存長4m×推定幅3.7m×高さ2.5m以上] と巨大なもの。石室構造は肥後形に近く、複数人を埋葬する初期型の横穴式石室とみられるが、その特徴である石障はない。石棺は阿蘇溶結凝灰岩製の刳抜式舟形石棺[長さ192cm×幅105m]で、棺蓋は寄棟屋根型で短辺部の傾斜面にやや上向きの縄掛け突起が付く。九州には舟形石棺と肥後系の横穴式石室が共存する事例がないことから、伝来ルートに謎を残す。
 遺物には、鉄剣1、鉄刀1、鉄製品片(短甲片か?)があった。出土した円筒埴輪片から5世紀中葉~後半の築造が推定される。和歌山市の「大谷古墳」(墳長67mの前方後円墳)の家型石棺と類似する要素をもち、紀氏一族による海路支配が想起される。東側にも別の石室があると想定されたが、存在しないことが確認された。青塚.JPG

 「青塚古墳」(観音寺市原町青塚)は、三豊平野のほぼ中央にあたる一ノ谷池の西畔にある。雲辺寺山(標高927m)の北麓に展開する丘陵台地の末端で、菩提山(標高312m)から北にのびる丘陵端(標高30m/比高0m)にある。墳丘とその周りに、七神社社殿、地神宮石祠、石鳥居、石碑、石塔、石段、ミニ霊場などが設けられ、地域における祭祀センターの趣である。(写真)
 墳長43m/後円部径33mで、前方部が幅13m/長さ10mの帆立貝式前方後円墳とされるが、前方部は失われた。後円部は2段築成で、径25mの上段に円筒埴輪列が巡ったという。幅1.2mと1mの2重の周濠があり、葺石の石材が散在した。
 埋葬部は未調査だが、露出した阿蘇溶結凝灰岩製の刳抜式舟形石棺の縄掛け突起と短辺部の一部が採集されており、破壊された可能性がある。石棺から、室本丸山古墳および長崎鼻古墳(高松市屋島)と同様、舟路を通ずる九州とのつながりが推測される。

 「赤岡山古墳(3号墳)」(観音寺市大野原町中姫)は、三豊平野の南部で、柞田(くにた)川中流域の左岸(西岸)の独立丘陵にある。山肌に赤みがあることで赤岡山(「あこかやま」とも)と呼ばれる南北に長い丘陵で、かつて20数基の後期古墳があったとされるが、開墾や道路敷設により漸次消滅した。13基の存在が確認されており、山頂に現存する3号墳が規模最大で、中期古墳である。1950(昭和25)年に、地元民により発掘調査が行われた。
 径24m/高さ3.5mの円墳で、川原石の葺石が鉢巻状に4段に巡った。墳頂の北寄りで小型の竪穴式石槨[長さ1.45m×幅0.45m]が発見され、組み合せ式石棺から、刀子、鉄鏃、玉類、須恵器多数のほか、(仿製) 変形四獣鏡(径10.2cm)と推定される鏡片1/3が出土した。5世紀後半~6世紀初の築造であろうという。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

三豊平野の前期古墳

 讃岐の中-東部と西部(つまり中讃-東讃と西讃)では、古墳事情がかなり異なる。中-東部では前期古墳時代に積石塚を含めて前方後円墳などが数多く造られ、日本列島の他地域に比べても華々しい。これに対し西部の三豊平野では、前期古墳の影が薄く、開墾や開発で失われたものもあろうが、1基が知られるのみである。讃岐の特徴である積石塚もない。
 こうした違いの背景には、次のような地理的条件があると推察される。まずは双方の間には山塊が切れ目なく連なり、人びとの往来を妨げたこと。弥谷山と天霧山、我拝師山などの五岳山、大麻山・象頭山が連なる大きな山塊、竜王山から阿讃山脈にいたる山塊などが南北に並んで、人情を異にするといわれるほどである。くわえて三豊平野の大部分は、備讃瀬戸という舟運の要路ではなく、少し奥まった燧灘に面する。
 さらに三豊平野がさして広くはなく治水技術の発達が遅れたであろうこと、畿内からの陸路において讃岐ではもっとも遠いことも影響したであろうか。

 「鹿隈鉗子(かなくま・かんす)塚古墳」(観音寺市流岡町鹿隈)は、三豊平野の北西部で、七宝山(標高390m)から南にのびる丘陵尾根上(標高50m)にある。いまは海岸線から2kmほど内陸にあるが、築造時は舟着き場に突出する岬に位置したのではないか。鉗子(かんす)とは茶ガマのことで、墳形がそれに似た。
 1938(昭和13)年の配水塔工事の折に埋葬施設が見つかった。径27.6m/高さ3.5mの円墳と推定され、墳丘の基部には割り石が置かれ、中位の高さまで人頭大の礫が貼り石状に配された。竪穴式石槨状の箱式石棺は破壊されて形状不明だが、この折に(仿製) 櫛歯文鏡(4.8cm)、 (舶載)方格規矩鏡(復元径12cm)片1、碧玉製管玉1、翡翠製勾玉1、ガラス小玉1、鉇(ヤリガンナ)1などが採集された。
 さらに1977(昭和52)年の土取り工事に際して、別の箱式石棺1基が見つかった。 [長さ2.5-3.0m×幅1.7m×深さ0.4m]の土壙に、小型の箱式石棺[長さ1.67m×幅0.3-0.4m]が造られ、鉇(ヤリガンナ)1、炭化した堅果類と成人女性の人骨があった。石槨は七宝山配水地内に移転・復元され、墳丘は消滅した。
 この工事の折に「王」字銘のある銅鏡片(舶載鏡とみられる)1および短冊形鉄斧1 [長さ19cm×幅4.2-5.3cm×厚さ0.9-1.1cm]を採集した。鉄斧は完形で重さ57.4g、上部に木質が認められ柄があったと推測されるが、どこに副葬されていたか定めがたいという。
 讃岐内で同種の「短冊形鉄斧」が出土した古墳と個数は、丸亀市の快天山古墳の2[長さ16.7cm×幅5.0cm]と[長さ15.8cm×幅4.6cm]、津田湾岸の岩崎山4号墳の1[長さ12.6cm×幅3.7cm]、小豆島の富丘八幡古墳の1[長さ23.5cm×幅5.1cm]となる。いずれも4世紀後半~末にかけての築造で、地域を広範囲に制圧したという共通の性格を有する。

 古墳ではないが「鹿隈石棺群」(観音寺市高屋町東前原)が、鹿隈かんす塚の北西にあたる七宝山南麓の傾斜面で、ミカン園の造園中に発見された。弥生時代中期から古墳時代にかけての箱式石棺8基があり、7号棺から(仿製)内行花文鏡(径7.5cm)1、碧玉製管玉(径1.3cm)1、鉄刀子片1が出土した。8号棺には身長120cmの女性がマツバ貝製の腕輪3を装着した状態で埋葬され、巫女役の少女ではないかという。
 周辺ではほかにも多くの埋葬施設があったようだが、ほとんどが開墾により消滅した。

 三豊市内では「矢ノ岡石棺墓」(三豊市高瀬町上勝間)が、鬼ヶ臼(おにがうす)山(標高209m)の南西麓で、眼下に高瀬川と沖積平野を見下ろす傾斜地にある。1983(昭和58)年にヒノキの植林中に、組合せ式箱式石棺2基が相次いで発見され、覆屋内に保存されている。
 1号石棺は[長さ161cm×幅32-43cm×深さ22-27cm]で、石釧(外径8.2cm)1、土師質土器片2、人骨があった。2号石棺は[長さ156cm×幅19-29cm×深さ15-20cm]で、人骨があったが、副葬品なし。被葬者は年齢の近い男性で、兄弟であろうという。
 「石釧」は畿内王権からの下賜品とされ、讃岐で出土した古墳と個数は、津田湾岸の「赤山古墳」の5、同「岩崎山4号墳」の3、石清尾山の「猫塚」の1、丸亀市の「快天山古墳」の2となる。これらは前方後円墳または双方中円墳の前期古墳で、墳長50~100mと畿内以外では大型の部類に入る。矢ノ岡石棺墓が5世紀初築造の径7-10mの円墳であったとされるのは、整合的でない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

青ノ山古墳群

 丸亀平野の北端の瀬戸内海沿いに独立峰の青ノ山(標高224.5m)がある。高くはないが、尾根筋が蜘蛛手状にのびて複雑な山容を示す。海辺には港を控え、内陸には東に大束川・西に土器川が形成する沖積平野があって、有数の古墳地帯となった。前期古墳として南にのびる丘陵の最先端に前方後円墳(墳長55.6m)の吉岡神社古墳があり、中期古墳には目立つものがないが、6世紀後半以降に古墳造営が活発になる。
 「青ノ山古墳群」(丸亀市飯野町・綾歌郡宇多津町)は、山頂付近や山麓に後期古墳22基を擁する。山頂や西麓のものは瀬戸内海を一望し、南麓のものは沖積平野を望み、短期間のうちに多様な古墳が築かれたので、多岐にわたる被葬者の存在を推測させる。昭和50年代に累次の調査が行われた。

 山頂付近では「青ノ山1,2号墳」の存在が知られており、くわえて1982(昭和57)年の山頂環境保全事業に際して、丸亀市側で「青ノ山8,9号墳」が、宇多津町側で「青ノ山宇多津古墳群」が発見された。これらが「山頂支群」を形成する。大略、築造順に挙げれば次のとおり。
 「2号墳」は山頂にある1号墳から南に200mほど下る中腹(標高150m)にあり、墳形不明。 埋葬部は[長さ2.85m×幅0.5-0.7m×高さ0.85m] の竪穴式石槨状で、中期古墳と見られる。耳環、鉄釘、須恵器壺を出土した。
 「8号墳」は山頂の1号墳から南に100mほど下り、稜線から西へ突出する瘤状の傾斜地(標高217m)にある。径12.5mの円墳で、東向きの馬蹄形の周濠もあった。全長6.5m以上のL字型横穴式石室が西に開口し、羨道[残存長4.0m×幅1.0-1.2m]、玄室[長さ2.5m×幅2.0m×高さ1.6m以上]を測り、石材は安山岩。盗掘による攪乱があったが、刀子2、鉄鏃2、耳環1、管玉2、ガラス製臼玉11、ガラス製小玉5、各種須恵器を出土した。6世紀後半の築造。
 「1号墳」は南北に長い台形状の山頂の南寄り(標高220m)にある。封土が失われて大型の安山岩が露出し、径15m/高さ2-3mの方墳と推定。全長6mの両袖型横穴式石室がほぼ南に開口し、玄室[長さ2.5m×幅1.5m×高さ1.5m以上]を測る。玄門部の立柱石がやや内側に突き出すタイプで、6世紀末から7世紀初の築造を推定。金環、鉄釘、須恵器(杯・高坏)などを出土した。当時、畿内で方墳を重んじる時期に入っていたこと、山頂にあることなどから、有力な被葬者像が浮かぶ。
 「9号墳」は8号墳から南に40mほど下る尾根筋(標高211m)にあり、径10mほどの円墳。横穴式石室は羨道部が失われ石室形態不明。南に開口する玄室は[長さ2.6m×幅0.9m]で、出土品なし。後出の青ノ山宇多津5号墳と同構造の可能性が推定され、7世紀に築造された終末期古墳であろう。
 「青ノ山宇多津2号墳」は山頂から東南へ100mほど下る稜線上(標高209m)にあり、径約10mの円墳。南東に開口する横穴式石室の玄室は[長さ2.5m×幅1.3m×高さ1.8m]で、出土品なし。古墳終末期の築造。
 「青ノ山宇多津5号墳」は青ノ山宇多津2号墳から東北東へ数10m下った標高190mにあり、径約10mの円墳。南に開口する全長6.2mの横穴式石室は、玄門部の立柱石が内側に突き出て、羨道[長さ3m]と玄室[長さ3.2m×幅1.2m×高さ1.3m]を分ける形式で、7世紀中葉築造の終末期古墳と推定。耳環、鉄釘、須恵器杯を出土した。
 「青ノ山宇多津6号墳」は青ノ山宇多津5号墳から数10m上方の山頂寄りにあり、円墳と推定。玄室は[長さ3m×幅1m]ほどで、遺物なし、終末期古墳。

 青ノ山は南麓において尾根筋が東西二筋に分かれるが、西に分岐した支丘の周辺に後期古墳があり「南麓支群」「龍塚支群」その他を形成する。
 「3号墳」は青ノ山南西麓の「夕陽ヶ丘自治会館」に近い標高18mにあり、封土の大半が失われ、側壁石と天井石が露出する。径約15mの円墳と推定されるが、横穴式石室の詳細は不明。6世紀後半の築造を推定。
 「4号墳」は西に分岐した支丘の西麓にある「石鎚神社」の傍らの標高26mにある。径12m/高さ2mほどの円墳で、片袖型横穴式石室が南南西に開口する。6世紀後半の築造。
 「5号墳」は同じ支丘の南傾斜面(標高30m)にある。墳長不明の円墳だが、全長7.5mの両袖型横穴式石室が南南西に開口する。羨道[長さ4m×幅1.0-1.2m]、玄室[長さ3.5m×幅1.6-1.7m×高さ1.7m以上]を測り、大型安山岩の天井石1枚が残る。6世紀後半の築造。
 「6号墳」は西に分岐した支丘から東に突出する丘陵先端(標高52m)において、露出した石材が発見された。径11m/高さ3mほどの円墳と推定され、全長3.5mのL字型横穴式石室が西南西に開口する。石材の大半は不揃いの花崗岩で、羨道[長さ2.4m×幅0.7-0.85m]、玄室[長さ2.15-2.2m×幅1.3-1.4m]を測り、高さ1.5mほどを推定。出土品は、太刀1、鉄鏃12以上、馬具片9、管玉6、平玉1、ガラス製丸玉1、ガラス製小玉30、須恵器各種などで、盗掘による攪乱の有無や追葬回数は不明。石室形態と副葬品に農工具がないことが山頂支群の8号墳に類似し、同族による同時期の築造を推測させる。
 「7号墳(龍塚)」は6号墳の真向いにある丘陵(標高50m)にあったが、土砂採取により消滅した。径25mほどの円墳で青ノ山古墳群において最大規模。西に開口する全長9.6m以上の横穴式石室は両袖型と推定され、羨道[長さ5.7m×幅1.3m]と長大。玄室[長さ3.8-3.9m×幅2.4m×高さ2.5m]で、奥壁は花崗岩の大きな鏡石。金環のほか各種須恵器・土師器を出土し、6世紀後半の築造。「青ノ山窯跡1号窯」の近くに石室が復元されている。

 以上のほかにも、詳細不詳ながら青ノ山の北西麓に「宝塚支群」4基、西麓に「西麓支群」3基などの存在が確認されており、さらに新たな発見もあり得るという。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

大束川流域の後期古墳

 大束川上流域の3水系のうち、中央の中大束川水系では、定連池東丘古墳群の近くに独立的な後期古墳として、次の2基がある。

 「熊倉池東古墳」(丸亀市綾歌町栗熊西熊倉)は、大高見峰(標高504m)から北に派生する尾根筋にあり、熊倉池の東畔にあって西岸の定蓮寺池古墳群とは池を挟んで東西100mほどを隔てる。つまり定蓮寺池古墳群と熊倉池東古墳とは、同じ丘陵の先端に位置して、弓形の熊倉池を間にして対峙する。1998(平成10)年に、事業者から土砂採取計画が出されたのを機に、遺跡の有無が調査された。
 試掘トレンチを行ったところ、径9~10m前後の円墳であり、北に開く馬蹄形状の周濠の一部も確認された。埋葬部については、南方向に平行してのびる約2mの列石があり、天井石や側壁上部は失われているが、羨道と推定された。片袖型ないし両袖型の横穴式石室が存在する可能性があり、後期古墳が想定される。
 盗掘を受けたらしい攪乱があるが、現状のまま保存することとし、採取計画の中止を要請した。埋葬部の発掘調査は行っておらず、微量の土師器片を検出したのみなので、詳細な築造時期など不明。

 「宇閇(うのい)神社古墳」(丸亀市綾歌町栗熊西)は、猫山(標高468m)から北に長くのびる丘陵端にあり、中大束川支流の猫谷川に沿う。定連池東丘古墳群や熊倉池東古墳とは谷筋を異にし、北西に400mほどを隔てる。宇閇(うのい) 神社境内の東斜面にあり、国道32号線からレジャーランドのニュー・レオマワールドへ向かう道筋に、案内標識が立つ。鵜の井古墳P1020752.JPG
 墳丘は比較的よく原形をとどめ、現地の説明板には径16-17m/高さ4mの円墳とある。羨道はほとんどが破壊されており、玄室は[長さ4.9m×幅1.85∼0.95m×高さ2.0m]とかなり大きい。石段を数段のぼると、東に開口する横穴式石室の入り口に達するが(写真)、開口部は狭く石室内へは「立入禁止」とある。棺・副葬品の類いはすでに失われていた。
 墳丘の位置から、東と北方向に丸亀平野の最奥部を遠望し、一帯を支配した首長の家族墓であろうという。6世紀の築造を推定。

 神社の名前は「宇閇」を「ウノイ」と珍しい読ませ方をしており、鵜の井古墳とも書く。「水不足であったところ、ある朝、鵜の群れが足で掘ったところから清水が湧き出した」との故事が名前の由来だといい、神武天皇の父とされる鵜茅葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)を主宰神とする。
 いっぽう同じ綾歌町内の岡田下にも同様に名前を「宇閇」と記す神社があり、こちらは辞書通りに「ウヘ」と読ませ、主宰神を武内宿彌命(たけうちのすくねのみこと)とする。双方ともに来歴が古く、平安時代の法令である「延喜式」に書かれた宇閇神社であると主張しており“論社”とされるもの。双方の対立する主張は、江戸時代初期にすでにみられたという。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

大束川流域の中期古墳

 丸亀平野の最奥部は、大高見峰(標高504m)・猫山(標高468m)・城山(標高275m)の連山を源とする大束川が分流し、西から大束川、中大束川、東大束川の3水系を形成する。これらの水系にある沖積平地のまわりに早くから古墳が築かれた。
 古墳出現期の3世紀には、中大束川水系に平尾古墳群や石塚山古墳群が登場し、讃岐の古墳時代の幕開けを宣明した。古墳時代前期の4世紀には、東大束川水系に当時として讃岐最大の快天山古墳が登場した。ところが古墳時代中期には、古墳造営が低調になる。

 「岡田万塚古墳群」(丸亀市綾歌町岡田西)は、3水系のうち西端の大束川水系に位置する岡田台地にある。新池の東北部と西方を中心に古墳が群集し、かつては70基を数えたという。ところが古いものでは明治期に田畑や果樹園として開墾されたとする記録があり、現在、墳丘が確認できるのは円墳6基にとどまる。
 地域からの出土品として、詳細な出土場所や年月日は不明ながら、鉄斧・冑・鉄剣・鉄鏃などの鉄製品、管玉・出雲石・曲玉・瑪瑙・翡翠などの玉類、異製紡錘車を含む多数の須恵器・土師器などが伝わる。中期古墳も含まれたと推測される。
 「岡田車塚古墳」は、1938(昭和13)年に後円部の西斜面と思しき場所から組み合わせ石棺が見つかり、後円部径33~40mの前方後円墳とされた。南にのびる前方部はすでに失われていて墳丘の全体像は不明ながら、古墳群の盟主墳とみられる。石棺は[長さ1.88m×幅0.22-0.3m]を測り、遺骨はあったが遺物なし。他の場所からも石棺が出たと伝わる。古墳はすでに消滅した。

 「定連池東丘古墳群」(丸亀市綾歌町栗熊西)は中大束川水系にあり、大高見峰から北に派生する尾根筋(標高107~111m)にある。定連池(じょうれんいけ)の東畔にあって、4基が北西から南東へ向けて直線状に並ぶ。古墳時代の前期後半から、中期を経て、後期まで続いた古墳群とみられる。
 「1号墳」は、町道改良工事にともなう1994(平成6)年度の調査で、辺9m/高さ1.5mの方墳と判明。墳頂に小竪穴式石槨の存在を確認したが、未盗掘であることから発掘調査を行わず、保存することとなった。古墳時代前期後半から中期初頭にかけての築造と推定。
次の3基は、開発計画の浮上にともない2001(平成13)年度に発掘調査され、のちに消滅した。
 「2号墳」は1号墳の南約60m(標高109m)にあり、土壙1基および組み合わせ箱式石棺と推定される1基を確認した。破壊が著しく、築造時期などは不明。
 「3号墳」は2号墳の南約40m(標高107m)にあり、土壙墓の痕跡を確認したにとどまる。
 「4号墳」は3号墳の南約30m(標高111.5m)にあり、墳丘は半壊していたが、径約11mの円墳と推定。北側に最大幅3mの周溝があり、葺石は見当たらない。周辺で採取可能な砂岩・花崗岩・結晶片岩で造られた横穴式石室があり、羨道[長さ2.8m×幅1.0-1.4m]、玄室[長さ2.4m×幅1.0-1.35m]を測るが、高さは上部が削平されており不明。玄門部に立柱はあるが内側にせり出さない構造。
出土遺物について、各種の須恵器・土師器片多数のhか、刀子3、曲刃鎌1、鉄鏃3、銅製耳環2の保存措置が採られた。玄室に礫床はなく、床面が初葬時と追葬時の2面があり、前者は6世紀末、後者は7世紀初の埋葬を推定。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

綾北平野の終末期古墳

 綾北平野には、周辺の山麓などに50基を超える後期古墳があるという。とりわけ7世紀という古墳時代終末期のもので、横穴式石室の玄室面積が11㎡を超える「巨石墳」が数基ある。これらについて次のような共通項が指摘される。つまり辺20m前後の方墳と推定されること、横穴式石室が玄門立柱方式で造られたこと、7世紀初を前後する短期間に集中的に築かれたこと、近傍に後代に創建される古代寺院があることなど。
 古墳時代に続く律令制下において、綾北平野の南奥に「讃岐国府」が設けられることに鑑み、有力豪族がここに集結したような景観を呈する。新宮古墳.JPG

 「新宮古墳」(坂出市府中町新宮)は、綾北平野の南奥で、讃岐国府跡を眼下に収める丘陵の突端(標高35m)にある。JR府中駅に近く、地域の墓地へ通じる道を辿ると行き着く。2013(平成25)年度に確認調査が行われた。
 墳丘はかなり改変されていたが、辺約21mの方墳と推定。安山岩と花崗岩で造られた残存長11.8mの横穴式石室が西に開口し(写真)、失われた羨道を含めた全長は13mと推定。横穴式石室の前室前面や玄門部に巨石の柱が置かれ、これが内側にせり出して内部を画する「玄門立柱方式」により造られた。この方式による巨石墳は、讃岐において三豊平野の「椀貸塚」がもっとも先行し、次いで本墳、さらに後述の「醍醐3号墳」「綾織塚」へと続く。
 羨道はすでに失われていたが、前室[長さ2.5m×幅1.65-1.8m×高さ1.8m]、玄室[長さ5.5m×幅2.5m×高さ2.3-2.5m]を測る複式構造で、玄室の広さは12.8㎡に達するという。須恵器、土師器の出土を伝え、6世紀末から7世紀初にかけての築造。

 「醍醐古墳群」(坂出市西庄町醍醐)は、綾北平野の北西部にある城山の東麓に築かれ、緩やかに東北に下る傾斜地の標高50~60mにある。周辺は早くから果樹園として開発が進み、現在は11基が確認できるが、かつては20基超あったという。眼下に広がる綾川左岸(西岸)の平地には、8世紀創建の「醍醐寺跡」がある。
 「醍醐3号墳」が古墳群中でもっとも下方にあり、辺[20m×17m]の方墳で、墳丘規模が最大。1985(昭和60)と2013(平成25)年度に確認調査が行われた。全長14mの横穴式石室は加工しない自然石で造られ、南東に開口する。複式構造の巨石墳は玄門立柱方式で画され、羨道[長さ2.8m×幅2.0-2.2m×高さ1.2m]、前室[長さ4m×幅2m]、玄室[長さ6m×幅2.5-2.7m×高さ2.6m] を測る。玄室の広さは15.5㎡という。
 「醍醐2号墳」が3号墳の西上方数メートルにあり、墳丘規模不明。全長9.5m超の玄門立柱方式による横穴式石室が南に開口し、羨道[長さ3m×幅2m×高さ1.9m]、玄室[長さ6.5m×幅2..6m×高さ2.6m]を測る。前室はなく、玄室面積が15.8㎡と広い。
 そのほか「1号墳」「7号墳」の2基も、玄門立柱方式による横穴式石室を擁することが確認された。
烏帽子山と蓮光寺山.JPG
 「加茂古墳群」(坂出市加茂町)は、綾北平野の南東奥で、蓮光寺山(標高371m)と、それから西に派生する烏帽子山(標高263m)・鶴ヶ峰(標高163m)の3山に囲まれた山裾の一帯にある。山ノ神支群(4基)、鴻ノ池支群(池底にあるものを含め5基)、サギノクチ支群(3基)のほか、仏願寺古墳群(2基)の存在が確認されており、かつては20数基を数えたという。(写真は右・蓮光寺山と左・烏帽子山)
 「穴薬師古墳(綾織塚)」は烏帽子山の南に下る中腹(標高78m)にあり、古墳群中で最高所を占め、盟主墳とみられる。横穴式石室内にいま薬師如来の石像が祀られていること、綾織り技術を当地へ伝えた姫の墓と伝わることが、名前の由来。山裾の綾川右岸(東岸)の平地には古代寺院の「鴨廃寺」がある。2012(平成24)年度に確認調査が行われた。
 墳丘は改変されていたが、辺30m前後の方墳と推定。全長13.2mの安山岩と一部花崗岩による横穴式石室が西に開口し、羨道[長さ7.3m×幅1.7-1.8m×高さ2.2-2.3m]、玄室[長さ5.1m×幅2.1-2.5m×高さ2.5-3.0m]を測る。玄門立柱方式によるが、前室前面に顕著な立柱がなく、前室が羨道に変化する過渡期の構造とみられる。玄室の広さは13.8㎡。
 発掘調査は行われておらず、遺物も知られない。羨道の壁面に木の葉の線刻画がある。醍醐3号墳とほぼ同時期で、新宮古墳より後出する7世紀第1四半期の築造と推定。
 「山ノ神2号墳」は烏帽子山の山裾(標高30m)で、鴻ノ池の西岸にある。全長8.5mの横穴式石室は、羨道[長さ3.7m×幅1.8m]、玄室[長さ4.8m×幅1.7-2.4m×高さ(推定)2.5m]を測り、玄室は10.6㎡とかなり広い。木の葉を中心とする線刻画が側壁一面にある。
 「サギノクチ1号墳(木の葉塚)」は、蓮光寺山の西麓で鷺の口と呼ばれる谷筋の標高40mにあり、鴻ノ池の東岸にあたる。径10m/高さ3mほどの円墳はかなりよく原形を保ち、全長7mの横穴式石室が南に開口する。羨道[長さ2.7m×幅1.4m]、玄室[長さ3.8m×幅1.3-1.8m×高さ2.1m]を測り、奥壁や側壁に木の葉、舟、家屋と見られる線刻画があるという。中空金環、須恵器を出土した。

 「仏願寺1号墳」(坂出市加茂町仏願寺)は、鶴が峰から西に下る尾根斜面(標高63m)にある。径15mの円墳と推定され、横穴式石室が西に開口する。前室はなく、玄門部の立柱は左側の突出が弱いが、玄室[長さ3.6m×幅1.9m]を測る。多数の須恵器、鉄鏃、耳環の出土を伝える。
 「2号墳」は、1号墳から谷筋を隔てる北300mにある。径16m×13mの円墳。全長5.5mの横穴式石室は玄門立柱方式により、玄室[長さ3.5m×幅1.5-1.8m×高さ1.5-1.8m]を測る。須恵器、土師器の出土を伝える。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

綾北平野における後期古墳の始まりー雄山古墳群

 綾北平野の瀬戸内海近くには、雌山(めんやま)・雄山(おんやま)と併称される円錐形の山が2つ並ぶ(写真)。海に近い雌山(標高164.4m)の頂上付近には、前期古墳3基から成る「雌山古墳群」があり、陸側の雄山(標高139.9m)の東麓には、後期古墳7基から成る「雄山古墳群」(坂出市高屋町)がある。雄山の東裾から松浦寺遍照院の裏山に続く低丘陵に7基があり、尾根の北側斜面に並ぶ。
 6基が北西から南東にかけて一列に並び、順番に1号墳→6号墳と名付けられた。3号墳と4号墳の間で北東へ瘤状に派生する小尾根に7号墳がある。新しい県道敷設にともない、1994(平成8)年に「4~7号墳」が調査されて消滅した。「1~3号墳」は未調査で残る。P1030502 雄山古墳出土品.JPG
 「4号墳」が墳丘・石室がよく残り、「5~7号墳」は開墾により上部が削平されたが、遺物の遺存状態は良好であった。出土した須恵器の年代観から6世紀前中葉の築造で、7号墳→4・5・6号墳の順に造られたと推定。(写真は出土した須恵器、香川県埋蔵文化財センターの展示から)

 「雄山7号墳」は、4号墳から5mほど北に下った標高13mにあり、径6.5mの円墳と推定。竪穴系横口式石室と呼ばれる北九州から伝わったとみられる右片袖型の石室は[長さ2.54m×幅0.74-0.93m]で、長さ3.1mの墓道が斜め上部から石室に達した。鉄鏃片4のほか、各種の須恵器・土師器を出土した。6世紀前葉の築造。

 「雄山4号墳」は、尾根筋近くの北斜面(標高16.6m)にあり、径11.8mの円墳と推定。板石製の竪穴系横口式石室は両袖型は左右の長さが異なり[長さ(左)3.45m-(右)2.75m×幅1.56-1.68m×高さ1.5m以上] を測る。石室から素掘りの墓道[長さ1.7m×幅1.5m]があり、石室の全長は3.78mと推定。
 馬蹄形状の周溝内から円筒・朝顔形・形象(人物/馬形/器財形)埴輪が、多数出土した。石室は子供らが遊んでいたというが遺存状態は良く、構築手順などを把握できた。盗掘されていたが、馬具、刀子、鉄鏃、平鑿(ひらのみ)、曲刃鎌、不明鉄器などの細片および碧玉製管玉、ガラス小玉、土玉、須恵器細片を採集した。

 「雄山5号墳」は、4号墳の南東約10mの北斜面(標高16m)にあり、開墾により墳丘・石室の上部2/3ほどが失われていたが、径8mほどの円墳と推定。安山岩と一部花崗岩を用いた竪穴系横口式石室は左片袖型で[長さ2.6m×幅1.2m]を測り、上部に向けた墓道[長さ1.7m×幅0.9m×深さ0.2m]があった。
 石室内には副葬品が埋葬時のまま残り、後代の追葬分と合わせて、U字型鋤先3、鉄鏃23、鉄鎌2、刀子1、鉇2、管玉13、水晶製切子4、水晶製小玉1、勾玉1、ガラス小玉32、練玉221のほか、須恵器多数が出土した。

 「雄山6号墳」は、5号墳の南東約18mの北斜面(標高20m)にあり、もっとも高所にあった。開墾により墳丘と石室の上部を削平されたが、径12mの円墳と推定。安山岩を小口積みした竪穴式横口式石室は無袖型で[長さ2.92m×幅1.24-1.28m]を測り[長さ0.56m×幅1.08m×高さ0.92m]の墓道または羨道の存在が想定された。
 馬蹄形状の周溝から須恵器片が採集され、石室からは、珠文鏡(径5.6cm)1、碧玉製管玉10、緑色凝灰岩製管玉7、ガラス小玉16、練玉11、鉄鏃25、鉄鎌1、鉇(ヤリガンナ)1、刀子3のほか、多数の土師器・須恵器が出土した。6世紀中ごろの築造で、追葬が一度行われたとみられる。

 雄山古墳群の調査により、列島では北九州に起源をもつとされる竪穴系横口式石室の讃岐における存在が確認された。讃岐内では類例がなく、横穴式石室の導入時の一端が明らかになった。
 6世紀前半は、継体大王(西暦507年に即位)のもとで、畿内王権が新しく発足した時期である。瀬戸内海舟路についても再編成が行われ、これに参画して台頭した集団が築いた古墳であろうか。畿内型・九州型の双方の要素が混在しており、後世の「綾の津」を一望する。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

綾北平野の中期古墳

 綾川は府中湖を経たのち、下流域で綾北(あやきた)平野を形成する。南北約5km/東西1~2.5kmと広くはない平野で、いま坂出市に属するが、讃岐の中央にあたる。律令制下では讃岐国府が置かれ、南海道も通って府中(河内)駅が設けられる。
 地域の中核的役割を担うことになるから、後期古墳時代にはこれに繋がる巨石墳が登場するが、中期古墳については情報が少ない。

 「別宮北古墳群」(坂出市西庄町別宮)が城山の北麓にあり、いま海岸線から2kmほど内陸(標高5~10m)にあるが、築造時は海岸線から数100mにあった。国道11号線の立体交差化工事にともない、2006-07(平成18-19)年度に発掘調査が行われた。
 すでに農地として平地化されていたが、円墳6基の基底部が発見された。封土や埋葬部は失われたが、周溝跡の窪みなどから埴輪片や土器片が採集された。石材はなかったので、葺石がなかったと推定。5世紀後半から末にかけての築造で、海に近い立地状況から、海上権益を有する被葬者の一群が推測される。
 東から西へ向けて1号→6号と名付けられたが、築造順に挙げれば次のとおり。後出のものほど、出土遺物が減少する。別宮北古墳 出土品.JPG
 「2号墳」が径20mで、古墳群中で最大。北西に2.3m×3.8mの造出付き。周濠跡から、円筒・朝顔形・盾形埴輪のほか、人物・馬形・家形の形象埴輪や須恵器片が出土した(写真)。5世紀中頃~後半の築造。
 「1号墳」は径13mで、2重に周濠がめぐり、円筒・朝顔形・盾形埴輪および器種不明の形象埴輪や須恵器片を出土した。5世紀後半~末の築造。
 「3号墳」は径11mで、須恵器と土師器片があったが、埴輪片はなかった。5世紀後半~末の築造。
 その後「4号墳」「5号墳」「6号墳」の順に築かれ、径はそれぞれ14m、10m、11mの円墳であった。いずれにも埴輪片はなく、土師器片がいくつか出た。

 「遍照院裏山古墳」(香川県坂出市高屋町)は、そこから北東に2kmほど海よりで、雄山(標高140m)の東裾の小丘陵にあり「遍照院松浦寺」の裏山にあたる。明治30年代に墳頂が削平された折に、鉄剣などとともに擬銘帯乳文鏡(径9.2cm)2片が出土し、鎌田共済会郷土博物館(坂出市)に収容された。墳丘規模など詳細不明。
左  蓮光寺山371m 右 鶴ヶ峰168m.JPG
 「鶴ヶ峰古墳群」(坂出市加茂町鷺の口)は、綾北平野の南東奥にあたり、五色台から南西に派生する蓮光寺山(標高571m)から、さらに南西に突出する丘陵の通称・鶴ヶ峰(標高168m)にある。一帯は墳丘墓が多く、弥生時代の方形周溝墓に始まり、古墳時代中期から後期にかけての加茂古墳群、仏願寺古墳群などもあるところ。(写真中央が蓮光寺山、右手前が鶴ヶ峰)
 「鶴ヶ峰山頂古墳」は、鶴ヶ峰山頂からやや南に下る尾根頂部にあり、径12~13m/高さ0.8~1.4mの円墳。安山岩の板石で造った箱式石棺2基が東西方位にあり、鉄製品として鉄鉾1、曲刃鎌1、手斧1、刀子1を出土した。装身具がないことから農耕に従事する在地の有力者が想定される。副葬品から、5世紀中葉ないし後半の築造と推定。
 「鶴ヶ峰1号墳」は「山頂古墳」から南西に下る中腹(標高82m)にあり、横穴式石室を擁する後期古墳。6世紀後半~7世紀初の築造とみられる。

 このほか「王塚古墳」(坂出市府中町西福寺)が、城山から北東にのびる丘陵端の「福宮神社」の境内にあったとされるが、詳細不明。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

羽床盆地の後期古墳

 「浦山古墳群」(綾川町小野)は、綾川が北流から東流へ鋭角的に流れを変える際にぶつかる浦山丘陵にあり、津頭の対岸にあたる。丘陵は3つの小丘陵に分かれ、西丘陵に10基ほど、中央丘陵に3基、東丘陵に3基の古墳の存在が推察された。
 5世紀末から7世紀初にかけて造られたもので、古墳統制が緩むなかで農業に基盤をおいた小首長ないし有力家族が継続して墓域としたものと推定。古墳時代中期から後期に続く古墳群の典型のひとつ。脇神社裏のマウンド.JPG

 西丘陵の東半分の開発計画にともない、1969(昭和44)年に5基が緊急調査されたのち消滅し、以下の報告がなされている。西丘陵の西半分には脇神社と地神社が鎮座し、社叢に「1,2号墳」が未調査のまま残るとされる。(写真は脇神社裏のマウンド)
 「3号墳」は径13.5~15m/高さ2.45mの円墳で、古墳群中で最大。埋葬部の礫床は[長さ2m×幅0.5m]で、太刀(長さ90cm)1、鉄斧1、鉄鏃6、須恵器1を出土した。5世紀後半から末の築造。
 「4号墳」は径8m/高さ1mの円墳と推定。[長さ2m×幅0.5m×高さ0.4m]の竪穴式石槨があり、蓋石はなかったと推定。太刀(長さ95cm)2、鉄斧1、鉄鏃13、刀子2、鋤先1、馬銜(ハミ)1、須恵器壺1、小玉数個を出土した。5世紀後半から末の築造。
 「5号墳」は径14m/高さ2mの円墳と推定。両袖型横穴式石室が南西に開口し、羨道[長さ2m×幅0.5m]、玄室[長さ1.6m×幅2m×高さ0.6-1.0m]を測り、天井石の痕跡はない。鉄鎌1、馬具残欠、管玉7、ガラス小玉3、勾玉1のほか、須恵器35点を含め、副葬品総数は55点にのぼった。6世紀末ごろの築造。
 「6,7号墳」は破壊が進み、詳細不明。「8,9号墳」には埋葬部がなく、開墾中に積み上げられたマウンドと推定。
 「10号墳」は、西丘陵の南端にあり、横穴式石室2基、竪穴式石槨1基、組合せ石棺2基の埋葬部を擁する多葬墓であった。掘り込み状況から、4号→3号→1・2・5号の順に造られたことが判明。
 1号主体は片袖型横穴式石室が西に開口する。羨道[長さ2.02m×幅1.56m]、玄室[長さ2.62m×幅1.57m×高さ0.9m]を測り、天井石は抜き取られていた可能性。鉄鎌1、鉄斧1、刀子2、不明鉄器片8、完形の須恵品16を出土した。6世紀末から7世紀初の築造。
 2号主体は[長さ1.8m×幅0.43-0.6m×深さ0.4m]の竪穴式石槨で、蓋石あり、東頭位。鋤先2、刀子1、鉄鏃4、須恵器杯3、土師器壺1を出土した。
 3号主体が墳丘中央の中心的位置を占める。羨道[長さ1.5m×幅0.6m]、玄室[長さ3.5m×幅0.9m×高さ0.8-0.9m]を測る無袖型横穴式石室がほぼ南に開口し、天井石は見当たらず、竪穴式石槨との折衷様式といえる構造。鉄剣(長さ28cm)1、鉄鏃・刀子・鋤先・鉄鎌など鉄製品残片多数のほか、土製丸玉200、碧玉管玉9を出土した。6世紀後半の築造。
 4号主体は[長さ1.3m×幅0.3-0.4m]の組合せ石棺で、鉄鎌1、須恵器片8を出土した。
 5号主体は攪乱が大きく組合せ石棺と推定。鉄鎌1、須恵器片2、土師器片1を出土した。

 「浦山古墳群」の中央丘陵にある3基は、1973(昭和48)年度に宅地造成にともない2基が緊急調査され、古い時代の特徴が明らかになった。
 「11号墳」は径12mの円墳で、2基の粘土槨があり、木棺直葬と推定。鉄斧2、鉄鎌1、刀子2、土師器を出土した。5世紀中葉の築造と推定。
 「12号墳」は地山形成のみで造られて盛り土のない台状墓で、墳裾に八の字形の列石があった。弥生期を想起させる古いタイプの墳墓で、埋葬部は[長さ3m×幅1.15m]の土壙のなかに[長さ2.5m×幅0.35m]の掘り込みがある2重土壙であった。遺物がなく、築造時期など不明。
 「13号墳」および東丘陵の3基は、未調査。

 「岡田井(おかたい)古墳群」(綾川町滝宮岡田井)は、滝宮天満宮の300mほど南西にあり、径10m前後の円墳4基から成る。綾川が東流からふたたび北流に流れの方向を変えた直後の右岸(東岸)に現存する。
岡田井古墳と綾川.JPG
 「2~4号墳」は綾川に臨む台地の先端(標高42m前後)にあり、3基が20mほどの間隔で並ぶ(写真)。1973(昭和48)年に「4号墳」のみが発掘調査された。
 径8.8m/高さ3.5mの円墳で、全長4.3mの右片袖型横穴式石室が北西方向、つまり綾川に向け開口する。羨道は[長さ3-4m×幅0.8-0.9m×高さ1.25m]と幅が狭く、玄室は[長さ2.2m×幅1.84m×高さ2m]と立方体に近い。鉄製品69、丸玉・管玉など約500、金環2、須恵器片約80、土師器片3を出土し、須恵器片のなかに、6世紀末ごろのものがあった。
 「1号墳」はそこから東へ100mほど離れた高所にあり、農地に囲まれる。

 このほか羽床盆地の綾川中・上流域では、南側から流れ込む支流に沿う丘陵に「今瀧古墳群」(6世紀中葉から末の須恵器杯を出土した)、「大林古墳群」などがある。ただし次項で述べる綾川下流域におけるような巨石墳はなく、大権力者の影は見えない。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

羽床盆地の中期古墳

 綾川が中流域で形成する羽床盆地は、東西約6km/幅約1kmの細長い扇状地である。この河岸段丘におびただしい数の古墳があり、そのなかに中期古墳の典型のいくつかがある。津頭周辺頭.png

 「津頭古墳群」(綾川町小野津頭)は、北流する綾川が中流域で小丘陵にぶつかり、鋭角的に東方向に流れを変える地域にある。ぶつかる左岸の丘陵を浦山丘陵といい、対岸の右岸に触角のように突き出す地形を津頭(つがしら)と呼ぶ(図は国土地理院地図に加筆)。
 ここに円墳5基があり、2基が発掘調査されたが、現在はすべて消滅している。副葬品の武具類に畿内だけで作られたものがあり、被葬者は農事に基盤をおいて畿内王権の傘下に入った武人が想定される。讃岐における中期古墳の典型のひとつ。
 「津頭東古墳」は、綾川が流れの方向を変える少し手前の右岸(東岸)にあった。昭和45年に調査され、径35mの円墳と推定。葺石・埴輪あり。
1墳多葬墓で、竪穴式石槨4基と粘土槨2基があった。1号石槨は、板状安山岩を小口積みした竪穴式石槨[長さ5.25m×幅0.7m×深さ0.7m]で、頭位は東南。(?製)内行花文鏡(径10.6cm)1、鉄剣2、太刀1、鉄斧2、?(ヤリガンナ)1、鉄鏃を出土した。長さ3.05mの4号粘土槨がこれに並行し、(?製)四獣鏡(径11.5cm)1、横矧 (よこはぎ) 板革綴り式短甲1、鉄鏃30、鋤先1、鑿(ノミ)1などを出土した。
 2号石槨は[長さ2.7m×幅0.5m]で、周辺から銅鏡などが出土。3号石槨は[長さ6.6m×幅0.8m]と最長だが、鉄鏃・小玉を出土したのみ。4世紀後半~5世紀前半の築造。

 「津頭西古墳(蛇塚)」は、津頭東古墳から400mほど下流で、綾川が鋭角的に流れの方向を変える地点の右岸 (内側)にあった。1917(大正6)年に発掘調査され、径7mの円墳と推定。
 竪穴式石槨[長さ4.0m×幅1.2m×深さ1.2m]は、画紋帯環状乳四神四獣鏡(径14.8cm)1、三環鈴1、銀製垂飾り付き耳飾りの残穴、衝角付き冑1、眉庇付き冑([?])1、横矧板鋲留式短甲3、頸甲1、小札1括り、金銅製鏡残片、鉄矛2、直刀、直弧文付き鹿角製刀装具、槍身2、石突きの残穴、鉄鏃残片、鉄斧、須恵器(高杯3、蓋杯2)などと、副葬品が豊富であった。5世紀後半の築造。

 「岡の御堂古墳群」(綾川町滝宮)は、綾川が鋭角的に曲がったあと、東へ500mほど下流の右岸(南岸) にあった。東からのびる丘陵端(標高53m)に円墳3基があり、同じく武人的な農事者を思わせる副葬品があった。滝宮小学校の移転計画にともない、1976(昭和51)年に発掘調査された。2,3号墳は消滅し、1号墳の埋葬施設が移築・保存されている。(写真は岡の御堂古墳と滝宮小学校)岡の御堂古墳と滝宮小学校.JPG
 「1号墳」は、径13m/高さ2mの円墳で、幅2.5mの周濠あり、葺石あり、円筒・朝顔形埴輪あり。埋葬部は川原石と板石による箱式石棺[長さ2.4-2.5m×幅0.7-0.8m×深さ0.4m]が東頭位にあったと推定。盗掘を受けていたが、鉄刀(長さ107.5cm)1、鉄剣3、鉄矛1、鉄鏃25以上、横矧板鋲留式短甲1、轡1、鮫具1、帯金具9以上、鉄鎌1、鋤先2、鉄斧2、刀子2、須恵器・土師器多数を出土した。5世紀後半の築造。
 「2号墳」が東側に隣接し、径11-12m/高さ1.25mの円墳と推定、幅1.2-2.5mの周濠がめぐり、円筒・朝顔形埴輪あり、葺石不明。東西方位の墓壙[長さ3.15m×幅0.6-0.7m×深さ0.2m]に木棺直葬と推定。攪乱が大きく、副葬品として短甲・鉄剣・鉄鏃・刀子の残片のほか、須恵器(?(ハソウ)2、蓋杯1、甕片)と土師器(壺1、高坏2)があった。5世紀末の築造。
 「3号墳」は、1・2号墳から北へ50mほど下る位置にあり、径9.6-10.05mの円墳で、幅1-1.5mの周濠があったと推定。石材などが持ち去られ、埋葬施設も遺物も見当たらない。

 綾川をさかのぼって上流へ向かうと、東西に長い羽床盆地の中央部も古墳の宝庫である。
 「末則(すえのり)1号墳」(綾川町山田下末則)は、盆地中央部へ北から南にのびる丘陵端にある。8~10基の円墳で構成される「末則古墳群」の盟主墳と見られ、土砂採取が迫って、1975(昭和50)年度に調査された。
 径24.6m/高さ3.3m以上の円墳で、葺石と埴輪が2重にめぐり、円筒・朝顔形埴輪、石製獣形品(猪か馬)、須恵器片が採集された。埋葬部は、隅丸長方形の土壙 [長さ3.78m×幅2.2m×高さ0.44-0.48m]のなかに竪穴式石槨[長さ2.68m×幅0.62-0.72m×高さ0.4-0.45m]が南東/北西方位にあった。石材は大部分が川原石で、最上段には板石があり、鉄刀(90.5cm)1、鉄剣(62.5cm)1、鉄鏃10を出土した。
 5世紀後半から末にかけての築造で、古墳統制が緩むなかで、地域の有力者が造った中期古墳であろう。墳丘は土砂採取を免れ、保存されることとなった。

 盆地の縁辺には、ほかにも中期古墳と思しきものがある。
 「吉田古墳」(綾川町山田下末則)は、末則古墳群と同じ丘陵の北側(上方)にある2基で、「1号墳」は径7m/高さ1.5m、「2号墳」は径15m/高さ3-4mのそれぞれ円墳とみられるが、埋葬部未調査。
 「大塚神社古墳」(綾川町牛川)は、綾川の左岸(南岸)で、支流の牛川沿いにあり、水田に囲まれる。墳頂に大塚神社の社殿が建つことで守られたとみられ、2001,02(平成13,14)年度に調査された。墳長55m/後円部径40mの帆立貝式前方後円墳で、盾形の周濠が認められた。出土品は、壺形・形象埴輪の細片のみ。
 「大興寺古墳」(綾川町山田上西俊則)は、前期古墳の「三島古墳」があるのと同じ丘陵上で、東へのびる小尾根にある。辺15m/高さ3mの方墳ないし前方後方墳と推定され、土師器を出土したが、詳細不明。
 「中尾古墳群」(5基で構成)および「滝宮万塚古墳群」(10数基から成り大規模な盗掘と破壊を受けた)も、古墳時代中期のものと見られるが、実態が十分に明らかでない。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

高松平野東部の後期古墳

 高松平野の東部では、南北に長い立石山地の西麓が有数の古墳地帯となり、しばしば平野西部の石清尾山塊に比肩される。前期古墳として東茶臼山の山頂にある高松茶臼山古墳が知られるが、後期古墳として巨石墳3基があり、うち2基が現存する。横穴式石室の構造などから推定される築造順に挙げれば、以下のとおり。これらのほか横穴式石室を擁する後期古墳が数多くある。

 「小山古墳」(高松市新田町小山)は、立石山地から西へのびる丘陵の先端で、七面神社の東隣にあった。後述の山下古墳の北500mほどにあり、楕円形の墳丘[長径18m×短径16.5m×高さ6m]が残っていた。
 全長11.6mの両袖型横穴式石室が南に開口し、羨道[残存長3m×幅0.85m]、前室[長さ3.5m×幅1.4m×高さ1.7m]、玄室[長さ4.5m×2.4m×高さ2.5m]が連なる複式構造で、須恵器の長頸壺片を採集した。1950(昭和25)年に、花崗土の採取により消滅した。久本古墳.JPG

 「久本古墳」(高松市新田町久本)は、山下古墳の南800mほどにあり、久米池の真東の平地(標高15m)にある。[東西14m×南北17m×高さ5m]の墳丘が残り、径約35mの円墳で幅5~10mの周溝がめぐったと推定。1975(昭和50)年と2003(平成15)年に調査された。
 全長10.8mの両袖型横穴式石室が南に開口し、羨道[長さ6.3m×幅1.6m×高さ2.1m]と玄室[長さ4.5m×幅2.6m×高さ3.2m]が、道のべに姿を見せる(写真)。玄室の奥壁に安山岩の自然石を用いた石棚があり、露出部は[幅2.6m×奥行1.4m×厚さ0.5m]を測る。石棚の下には土師質亀甲型陶棺が置かれており、現在「高松市歴史資料館」(高松市昭和町)に復元・展示されている。同じ陶棺は同時期の大和(奈良県)で集中的に出土し、本墳の陶棺も大和から搬入されたものであろうという。
 石棚がある玄室は、讃岐では唯一の事例だが、紀伊51基、阿波7基、丹波6基、筑後・肥後各5基など列島で100基以上を数え、紀氏とその同族が拠点にする地域と一致するという。
 石室内は激しく盗掘されており、遺物として、須恵器・土師器片多数、鉄器・鉄鏃片のほか、仏具とみられる承台付き銅椀(一部欠損)1があった。銅椀の出土も讃岐では唯一の事例だが、全国で98例を数え、関東地方に多い。6世紀後半の築造で、7世紀初まで追葬されたとみられる。
山下古墳.JPG
 「山下古墳」(高松市新田町山下) は、立石山地から西に派生する1支脈の先端(標高26m)にあり、いま岡山公民館の傍らにある(写真)。封土はほとんど失われたが、径20~30mの円墳と推定。1977(昭和52)年に調査された。
 全長9m以上の両袖型横穴式石室が南に開口し、羨道(一部破壊)は[残存長4.0m×5m×高さ1.2m]、玄室は[長さ5.05m×幅2.55-2.85m×高さ2.5-2.7m]を測る。玄室の天井石として [長さ4.5m×幅3.0m×厚さ0.8m] の安山岩1枚があり、少なくともほかに3枚あったと推定される。6世紀後半の築造。

 これらの巨石墳以外に、立石山地の北西麓の緩斜面では「高松市東部運動公園」(高松市高松町)の整備に先立ち、1995~7(平成7~9)年度の調査で中小古墳が見つかった。墳丘・石室の損壊が著しく、7世紀以降の築造とみられる。
 「金川渕古墳」は標高96m/比高50mにあり、径10mほどの円墳。花崗岩の石材が露出し、須恵器片1を採集した。
 「大空古墳」は標高77.5m/比高35mにあり、径8.5mの円墳で、周濠を含めた総長は11mに達する。横穴式石室が東に開口し、戦時中に防空壕として利用されたという。石材は花崗岩で、須恵器片3を採集した。
 「スベリ古墳」は古くに発見された円墳で、開墾により1954(昭和29)年に消滅した。須恵器壺片を出土した。
 「奥ノ坊古墳群」は標高46~53.5m付近にあり、いずれも周溝を備えた4基から成る。「1号墳」は墳形不詳、7世紀中葉の須恵器平瓶を出土し、開墾により1955(昭和30)年に消滅した。「2号墳」は径10mの円墳で須恵器小片を出土、「3号墳」は径11mの円墳で須恵器蓋を出土、「4号墳」は径8mの円墳。いずれも2002(平成14)年までに消滅した。

 立石山地の西麓に沿ってさらに南へ辿ると、西へのびる支脈に古墳がある。北から南へ順に挙げると次のとおりだが、ほかに詳細不詳のまま消滅したものも多い。
 「長尾古墳群」(高松市高松町長尾)は、通称・竜王山から西にのびる小丘陵の南斜面にある。「1号墳」は径13.8mの円墳で、両袖型の玄室[残存長1.6m×幅1.1m×高さ0.9m以上]から須恵器片を出土した。「2・3号墳」は石室の残存長1m。「4~7号墳」は消滅した。
 「岡山古墳群」(高松市新田町岡山)は、岡山と通称される小丘陵にある。「1号墳」は墳長18m/後円部径8mの前方後円墳とみられ、やや早い時期の築造か。「2号墳」は石室の残存長4m。「3号墳」は墳丘[10m×7m]が残る。「4・5号墳」は未調査。「6・7号墳」は消滅した。
 「漆谷1~3号墳」(高松市新田町漆谷) は、漆谷と呼ばれる谷筋の標高50~60m付近にあり、1989(昭和64)年に「倉田学園総合グラウンド」の整備に際し発見された。いずれも無袖型横穴式石室が南に開口し、所在する地名から漆生産を束ねた有力者の墳墓であろうという。築造順に挙げると「2号墳」は石室の残存長3.2mで、須恵器坏蓋片4を出土。「3号墳」は石室の残存長1.3mで、鉄釘片11を出土。「1号墳」は径8mの円墳で、石室の残存長2m、土師器片3を出土した。7世紀から8世紀にかけての築造で、1992(平成4)年に学園構内へ一部が移転・復元された。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高松平野南部の中・後期古墳

 高松平野南部の三谷地区は、弥生・古墳時代以降の遺跡や古墳が数多いところ。さらに律令制下では南海道の「三谿(みたに)駅」が設けられ、地域の中核的役割を担う。
 前期古墳として三谷石舟古墳があったが、これに続く盟主墳などに次のものがある。

 「高野(こうや)丸山古墳」(高松市川島本町)は、高松平野南部の上佐山から北にのびる低丘陵の先端付近にあった。径42mの円墳で、幅10-15mの周溝ないし基壇状テラスを示す図面が残る。5世紀後半の円筒埴輪と須恵器の出土を伝え、当時における地域最大の古墳だが、完全に消滅した。
 「高野南1号墳」(高松市川島本町)は、高野丸山古墳の南南西約300mに [15m×6m] の盛土が残る。円筒埴輪が出土し、6世紀前半の築造。
 「2号墳」が、さらに南西約100mにあったという。矢野面古墳.JPG

 「矢野面(づら)古墳」(高松市三谷町犬の馬場)は、三谷地区の南西域の平地(標高46m/比高0m)にある。北に日山(標高191m)と雨山(標高116m)、南に日妻山(標高236m)、東に三谷三郎池、西に住蓮寺池があり、これらに四方を囲まれる。
 径約20m/高さ4mの円墳で、全長9.5mの両袖式横穴式石室があり、真南に開口する(写真)。墳丘の相当部分および羨道の先端部は失われたが、花崗岩製の玄室[長さ3.8m×幅2.0~2.64m×高さ2.6~2.92m]が天井石4枚とともに完存する。6世紀後半から7世紀初の須恵器片を採集した。
 高松平野南部における最大の巨石墳で、樹々の茂りに覆われる。近くまで車で行け、あと少しは畦道を歩く。

 矢野面古墳の北西にある住蓮寺池と雨山の周辺に、次の3古墳群(高松市三谷町)がある。
 「住蓮寺池古墳群」は、溜め池である住蓮寺池のあたりにある。「1号墳」は池の造成にともない池底に沈み、浚渫により破壊された。「2号墳」は池畔にあり、墳丘の高まりが観察される。主として池底から採集された須恵器片は、次の2古墳群のものに先行する。
 「雨山南古墳群」は、住蓮寺池古墳群の東北東約190mで、雨山の南麓(標高60m前後)にある。円墳13基があるなかで「1号墳」が径19mで最大。無線基地局の建設にともない、2005(平成17)年に、次の2基が発掘調査された。
 「3号墳」は径11mの円墳で、幅0.8-1.3mの周溝あり。横穴式石室が南に開口したと推定されるが、石材の安山岩(日山石)の多くは失われていた。7世紀第3四半期の須恵器片3を出土した。「13号墳」は径9m前後の方墳と推定されるが、墓壙や遺物が見当たらなかった。
 「北山古墳群」は、雨山南古墳群の北東約50mで、雨山の北東麓にある。3基が破壊され、3基が残存する。「1号墳」が径14mの円墳で最大。須恵器平瓶片が採集され、古墳終末期の群集墓。

 三谷地区から南西に5kmほど離れ、かつて香川郡に属した丘陵地で後期古墳が見つかった。
 「横岡山古墳」(高松市香川町浅野)は、龍満山(標高147m)の頂上から東に下る尾根筋にあり、地元民により1931(昭和6)年に発見され、2007(平成19)年に発掘調査された。
封土の大部分が失われたが、径22m前後の円墳と推定。全長7.5mの片袖型横穴式石室が北に開口し、羨道[長さ4.5m×幅1.2m]と玄室[長さ3m×幅1.8m]が残る。石室の開口部に立石1対があった。石材は横岡山で採れる花崗岩と川原石。
 かつて採集・保管された遺物も照合され、須恵器片(壺、杯、皿など)多数、刀と刀装具、石器、鉄鏃のほか、6世紀末から7世紀にかけての馬具(轡・飾り金具など)などが確認された。

 「城所山(じょうしょざん)古墳」(高松市香南町岡)は、高松空港の北東数100mにあり、阿讃山脈から南にのびる丘陵にある。横岡山古墳から、南3km余の地点で、1971(昭和46)年度の「香南圃場事業」の折に発見された。
 「1号墳」は丘陵頂部にあり、横穴式石室の床面が残っていたが、すでに消滅した。須恵器杯2、須恵器杯10個体分、耳環5、鉄片37を出土した。
城所山2号墳.JPG 「2号墳」は1号墳の下方で、北に100mほど隔てる丘陵端にある。径12m/高さ1.5mの円墳で、横穴式石室の側面と床面が残り、西に開口する。玄室は[長さ2.8m×幅1.2~1.4m]を測り、石材は花崗岩の割石を主とし、間詰めに川原石を用いる。遺物は、須恵器杯17、須恵器横瓶2、
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高松平野西部の後期古墳

 6世紀の後期古墳時代に入ると、古墳事情は大きく変化する。6世紀初めに即位した継体大王は屯倉の設置などを通じて地方支配を再編成し、新しい国造や郡司を任命したであろう。かたがた古墳統制を緩めたようで、従来の首長層にとどまらず広汎な人びとが古墳を造るようになった。埋葬施設も竪穴式石槨から横穴式石室に変わり、家族や近親者の合葬や追葬が可能になり、須恵器など日常的な器なども葬るようになった。
 同時に社会経済的にも、大きな転換があった。鉄製の農工具が普及して開墾や灌漑工事が容易になり、鉄資源の獲得のため、求心的になったり中央政権に依存したりする必要性が薄れた。集落の自立性が高まって、大型古墳の築造のため広範囲から労働力を糾合することが困難になったであろう。
 このような状況において、従来に比べて古墳の数が増え、個々の規模は小さくなった。「香川県遺跡台帳」によると、横穴式石室を擁する後期古墳は、県下に2500基あるという。

 高松平野西部の石清尾山塊にある「石清尾山古墳群」は、積石塚という特色ある前期古墳を輩出したが、その後は古墳築造が中断した。この間は、前項で示したように山塊の西側の平野部で中期古墳が築かれる。ところが後期古墳時代に再び石清尾山塊に場所が移り、6世紀後半から7世紀初頭にかけて後期古墳が数多く造られる。
 1971-72(昭和46-47)年度に、高松市は山塊における概報的な分布調査を行い、その結果を『石清尾山塊古墳群調査報告』(1973.3)にまとめた。その結果は次のとおり。
① 石清尾山塊には、かつて存在したものを含めて約200基の古墳があったが、本調査では124基が確認された。
② そのうち、横穴式石室をもつ後期古墳が77基、積石塚ないし竪穴式石槨の要素を持つ前期古墳が26基で、残りの21基は不明であった。(「不明」とは、墳丘の荒廃や削平、石材の散乱、わずかな盛土が残るのみなどで築造時期が判明しないもの。ただし立地状況からするとほとんどが後期古墳とみられるー筆者注)
③ 石清尾山塊は、大きく3つの山系に分けられる。西南側の浄願寺山、中央の峰山(石清尾山とも)、東側の稲荷山・室山(紫雲山と総称)であるが、時代や集団ごとに山域を違えて支群が形成された。
④ 具体的にいうと、浄願寺山では後期古墳56基、不明11基、前期古墳2基と、太宗を後期古墳が占める。峰山では、環状の尾根筋と南東にのびる尾根筋(鶴尾神社4号墳がある)に前期古墳が18基あり、山腹や山麓と尾根筋に囲まれた摺鉢谷の斜面に後期古墳21基、不明10基がある。紫雲山には、前期古墳6基のみがある。

 後期古墳はほとんどが径10m前後の円墳で、いくつかの盛土墳が集まり支群を形成する。被葬者は支配層のほか、山麓に居住した農事・海事・工作などに関わった有力者であろう。個々の事情を詳説しがたいが、次の2基が際立った特色をもつ。CIMG2720石清尾山2号墳.JPG

 「石清尾山(摺鉢谷)2号墳」(高松市峰山町)は、峰山中央の摺鉢谷の北西側で、南東に緩やかに下る斜面にある。石清尾山古墳群を車で訪ねる折に通る道筋にあり、玄室の保存が良好(写真)なことから、後期古墳のなかで唯一、国指定史跡となった。
 墳丘と羨道は失われたが、径10m/高さ2mほどの円墳であったと推定。全長6.57mと推定される両袖型横穴式石室が、古くに南東に開口した。床面の清掃により、金環1、ガラス小玉1、須恵器片などを検出した。
 近くの摺鉢谷緩斜面には、南東ないし南に開口する横穴式石室8基が現存し「石清尾山(摺鉢谷)1~8号墳」と呼ばれる。かつては10基以上もあったとされ、6世紀後半から7世紀初の築造。
P1030115 亀塚 標識.JPG
 「亀塚(がめ塚)古墳」(高松市勅使町小山)は、浄願寺山の南西端にある小丘陵(標高52m)にある。墳長25m/後円部径15m/後円部高2.5mを測り、石清尾山塊において、積石塚ではなく盛り土で築かれた唯一の前方後円墳。南に前方部を置いた南北主軸。埋葬部は横穴式石室の可能性が高いとされるが、破壊時に石材が見当たらなかったとされ、正確な築造時期を定めがたい。
 現在は「香川高等専門学校高松キャンパス」の構内にあり、墳丘上に諸施設が設けられて実見困難。200m離れた場所に標識が立つ(写真)。周辺に円墳数基があり「がめ塚2~4号墳」と呼ばれる。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

高松平野の中期古墳

 東讃岐に富田茶臼山古墳が5世紀前半に登場するにともない、讃岐の中部と東部は畿内政権の掣肘下に入ったようで、古墳事情が一変する。前方後円墳をほとんど造らなくなり、円墳が中心になる。被葬者も政権に関わる役割をもった人物となり、畿内から派遣された皇族将軍や代官、政権に貢献した武人、舟運路の支配者などとなる。
 讃岐では、地域豪族が競って築造する時代は終わったようである。5世紀後半は雄略大王が登場して、畿内政権が首長連合的な性格を脱して中央集権体制を強化した時期にあたる。長崎鼻古墳.JPG

 「長崎鼻古墳」(高松市屋島西町長崎鼻)は、屋根の形で知られる屋島の北端の小丘陵(標高/比高55.25m)にある。東瀬戸内海の一帯を望むには絶好の場所だが、現代でも民家などがない僻地である。1996-8(平成8-10)年度に高松市が発掘調査をした。
 墳長45m/後円部径27m/高さ5.2mの前方後円墳で、長さ22mの前方部を西南方向に向ける (写真は後円部から前方部を望む)。3段築成で、葺石あり。北側くびれ部から小型丸底壺の破片を採集した。
 板状安山岩製の竪穴式石槨[長さ8m×幅7m×深さ0.4m]があり、阿蘇溶結凝灰岩(肥後の菊池川中流域産)で作った舟型石棺[長さ2.5m×幅1m×深さ0.55m]の存在が確認された。水銀朱が付着し、頭位は北東。『木田郡誌』(昭和15年刊)に「明治初年に後円部を2mほど掘り下げ、蓋石を破壊して中を見た」「石棺中に、刀剣2、刀の鍔(つば)1、径25cmほどの鉄鏃の固まりあり」との記述がある。鍔と見えたのは、おそらく鏡であろう。
 富田茶臼山古墳が登場する以前の4世紀後半ないし5世紀初頭の築造で、瀬戸内海舟路の支配を宣明する古墳と見られる。このころ西讃の室本丸山古墳と青塚(ともに観音寺市)、伊予の蓮華寺石棺(松山市谷町)などにも阿蘇溶結凝灰岩製の石棺が使われており、瀬戸内の支配権をめざし、九州勢が進出したなどの説がある。

 「川上古墳」(さぬき市長尾町昭和)は、高松平野の東端で長尾平野との間にある塚原山塊の北端の支脈(標高70m)にある。山塊は、前期古墳の丸井古墳、中代古墳、稲荷山古墳などを擁する古墳地帯で、北端からは瀬戸内海を望むことも可能。周辺が墓地であったこともあり、1982(昭和57)年の発掘調査で、未盗掘古墳と判明した。
 径20∼22m/高さ3mの円墳で、葺石なし、埴輪片45を採集した。花崗岩の川原石を小口積みした竪穴式石槨[長さ3.55m×幅1.15-0.92m×深さ0.74m]がほぼ東西方位にあり、朱が付着した。木蓋ないし無蓋を想定。
 豊富な副葬品が原位置のまま出土し、武具は横矧板鋲留短甲1、首鎧・肩鎧1組、横引板鋲留衝角付冑1、鉄刀1、鉄剣1、鉄鏃52。馬具は、鮫具3、鉄環1、鉄製鋲金具2、轡(くつわ)1。工具は、刀子1、鉄斧2、鉇(やりがんな)1、鑿1があり、ほかに須恵器35体以上、土師器10点以上を出土した。
 讃岐における短甲の出土は、本墳を含めて(旧)大川郡で5、(旧)綾歌郡で4を数え、被葬者は畿内政権によって武具を配られた武人であろう。5世紀第3四半期の築造。

 「相作(あいさこ)牛塚古墳」(高松市鶴市町相作)は、高松平野の北西部で石清尾山塊の浄願寺山の西麓に広がる平野 (標高10m)にある。現在は、香東川西岸と本津川東岸に挟まれた田園地帯だが、当時は海に近接した。運送会社の社員寮の建設が提起され、1973(昭和48)年に緊急調査された。
 高さ約1mの雑木に覆われた塚が、かつて径14m以上の円墳であったと判明した。埋葬施設は不明だが、竪穴式石槨の可能性。円筒埴輪片213、人型・家型埴輪片を各2個体分、杏葉・鞍金具・太刀・鉄鏃・桂甲小札など鉄片45のほか、須恵器片を出土した。5世紀後半の築造で、塚は調査後に消滅した。
相作馬塚.jpg
 「相作(あいさこ)馬塚古墳」は、相作牛塚の南東50mほどにあり、高月(こうづ)池の北畔にあたる。“相作馬塚”と通称された塚を2016(平成28)年に発掘調査したところ、未盗掘の竪穴式石槨が現れた。相作牛塚よりやや後出する5世紀後半の築造。
 墳長16mの帆立貝型前方後円墳または造出付き円墳であったと推定され、一部に周濠がめぐった。竪穴式石槨[長さ3.2m×幅0.6-0.8m×深さ0.6m] は東西方位(西枕)で、川原石を積み上げたもの。安山岩板石6枚の蓋石があり、円筒・馬形埴輪片を採集した。
 木棺は床板2と蓋板1を5個の鎹(かすがい)で留めたもので、内外から副葬品が原位置のまま発見された。太刀1、鉄槍1、碧玉製管玉(松江市花仙山産)11、短甲1、眉庇(まびさし)付き冑1、鉄鏃8、須恵器1、土師器1を出土した。武具が卓越し、馬具・農具・漁具がないことから、被葬者は武人の男子であろう。塚は調査後に消滅した。
 築造と埋葬が同時進行したこと、木棺に鉄製の鎹を用いたこと、土器を副葬したこと、竪穴式石槨の形が“こけし状”に中ほどが膨らむこと(写真)などから、朝鮮半島の影響が観取される。ただし副葬品は倭製だから、被葬者は渡来人の後裔であろうという。

 「弦打王墓古墳」(長径約25mは楕円形墳)と「青木1号墳」(径4mの円墳)も、近傍にあって、塚が古墳と判明したもの。築造時期は、それぞれ牛塚と馬塚に併行する。
 香東川・本津川の両河川に挟まれた弦打・相柞・青木地区には、これらのほかにも“塚状の高まり”が密集し、多くは未調査で今後の発掘調査が待たれる。可能性として、古墳の名残、後代の墓、家畜などを葬った地鎮塚などが想定される。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

富田茶臼山古墳

 讃岐では前期古墳時代に、積石塚と盛土墳を問わず、おびただしい数の前方後円墳が築かれた。ところが高松平野の石船塚・今岡古墳・三谷石舟古墳、丸亀平野の快天山古墳・磨臼山古墳、津田湾岸の岩崎山4号墳・けぼ山古墳など、畿内色の濃い前方後円墳が登場するにともない築造数が減少する。とどのつまりは中期古墳時代の前葉に、典型的な畿内型の富田茶臼山古墳が出現したのを機に、前方後円墳がほとんど造られなくなる。
 いっぽう畿内では中期古墳時代を通じて、河内の古市・百舌鳥(もず)古墳群で列島最大の前方後円墳が造られ、時代の絶頂期を迎える。このように中央と地方とで現れる対照的な現象は、讃岐が畿内王権下に組み込まれたことを示唆するであろう。

 「富田茶臼山古墳」(大川町富田中石仏)は、津田湾岸から火山(ひやま)と雨滝山が連なる山塊(標高150~250m)を南に越え、内陸に3kmほど入ったところにある。長尾平野の東南の最奥部にあたり、阿讃山脈から北にのびる丘陵の突端(標高66m/比高15m)にある。
 墳長139m/後円部径90mを測る四国最大の前方後円墳で、前方部/後円部3段築成、造出なし。盾形の周濠と周庭(幅10~15m)があり、それを含めた総長は163mに達する。円筒・朝顔形・衣蓋・家形埴輪片を検出し、葺石は1段目にはなく、2・3段目にあったと推定。
 この時期に畿内で多く築かれるバチ型前方後円墳と共通する形式をもち、讃岐固有の特性を有しない。つまり積石塚でない盛土墳、箸墓古墳と相似形、壺型土器でない円筒埴輪などの供献、墳丘の3段築成、盾形の周濠、陪塚(ばいちょう)の付随(西側に1基、南西側に2基)などから、そのことが読みとれる。
 築造場所についても、前期古墳が多く海や平地に近い島・丘陵・山裾などの高所にあって周りから仰ぎ見られることを意識していたのに対し、富田茶臼山古墳は海への眺望はなく、のちの律令制下に畿内から紀伊、淡路、四国への要路として整備される南海道沿いにある。このことからも畿内との強い関わりを窺わせる。CIMG3768.JPG
 一帯は古墳公園として整備され、近年、墳丘を覆っていた木々が伐られて優美な墳形を望見できるようになった(写真)。墳丘上には妙見神社の社殿があり、それに到る石段の途中に弥勒神社がある。

 埋葬施設に関する学術調査は行っておらず、石室の方位も不明。1989(平成元)年度に大川町教育委員会が墳丘測量と遺物調査を行った際に、地元の古老から「明治期の初めに石室ないし石棺が開けられ、人骨、剣、玉などが出土した」との話を聞いたという。盗掘の可能性もある。
 『大川町史』(1978年2月刊)には「明治年間に後円部にある妙見神社の前で相撲の土俵を作ろうとしたら石室の天井石にあたった。少し掘り進んだら腹痛を起こしたので取り止めた」との伝承が記されている。
 1994-96(平成6-8)年度に、大川町教育委員会が陪塚の発掘調査をした。周溝・葺石などの保存状態は比較的良好で、主墳と陪塚との計画性が確認されたが、埋葬部は削平され残っていなかった。通例、陪塚には官僚的な実務者や付随する武器などが葬られるケースが多い。

 『先代旧事本紀』の『第十巻 国造本紀』に、讃岐の国造(くにのみやつこ=地方を治める官)として「応神朝の御世に、景行天皇の子である神櫛王(かんぐしおう)を始祖とする3世孫の須賣保禮命(すめほれのみこと)を定めた」とある。『先代旧事本紀』とは天地開闢から推古天皇の時代までを記す史書。富田茶臼山古墳の築造が5世紀前半と推定され、応神大王の在位は4世紀後半から5世紀初とされるので、被葬者を初代の讃岐国造とすることが可能である。
 江戸期の讃岐の史書に『全讃史』がある。1829(文政12)年に、中山城山が著わしたもの。同書の「仁徳帝陵」と題する項に「今は茶臼山というが、倭名抄にこの地を難波郷というのは、この陵があるためであろう。当時、帝徳に感じてこの陵を築いたのである。近ごろその名が失われて知るものがなかったが、あれこれと尋ねて情報を得た」との記述がある。仁徳大王は応神大王を継ぐ大王であり、仁徳帝の時代に先帝が任命した国造の墳墓(富田茶臼山古墳)を築いたと解することに無理がない。
 なお神櫛王については『続日本後紀』などが第12代景行天皇の第10皇子と伝えるが、事績などの記述はない。高松市牟礼町に「神櫛王墓」と治定された陵墓があり、宮内庁が管理する。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

多度津町白方の古墳

 丸亀平野の西端を流れる弘田川の河口周辺は、現在、多度津町白方(しらかた)に属する。当時、海岸線は現在より内陸にあったから平野部は狭いが、河口近くの丘陵から瀬戸内海の舟路を見渡せたであろう。
 古墳時代の集落遺跡として、西白方瓦谷遺跡、奥白方中落遺跡、中東遺跡などがあり、出現期古墳は見当たらないものの、古墳時代前期後半以降に地域の丘陵や平地に首長墓が築かれる。

 「黒藤山古墳群」(多度津町奥白方黒藤)は、弘田川河口の左岸(西岸)にある黒藤山(標高123m)の山頂一帯にあって、古墳時代前期から中期にいたる5基がある。
 「4号墳」は頂上から東に下る丘陵尾根の先端(標高90m/比高85m)にあり、墳長30m/後円部径12mの柄鏡型前方後円墳。埴輪未確認、葺石不明。1950(昭和25)年に乱掘され、刀剣、土器の出土を伝える。いまはブドウ畑になっている。4世紀後半の築造。

 「御産盥(みたらい)山古墳」(多度津町西白方海岸寺)は、黒藤山から北に続く経尾山(標高138m) から北東にのびる丘陵尾根にある。経尾山には経尾山古墳、経尾谷1.2号墳などがあるなかで、もっとも海に近い丘陵(御産盥山)の先端(標高/比高50m)にあり、舟運の基地を望んだであろう。現在は、空海の産湯に用いた盥が残ると主張する「屛風ヶ浦海岸寺」の奥之院の裏山にあたる。
 墳長50.5m/後円部径25mの前方後円墳で、前方部はくびれ幅14.5m/先端.幅19mを測るバチ型とされるが、墳丘は大きく削平されている。段築があったというが、不明。葺石があり、円筒・壺形・器台形埴輪片の検出を伝える。
 1975(昭和50)年に後円部付近で箱式石棺(長さ1.7m)が見つかり、鉄剣、土器片が出土したという。4世紀末ごろの築造とみられる。CIMG5246盛土山古墳(中期).JPG

 「盛土(もりつち)山古墳」(多度津町奥白方片山)は、弘田川左岸(西岸) で河口から南西へ1kmほど内陸に入った平地にあり、千人塚、かんす塚とも呼ばれる。径42m/高さ6mの円墳で、2段築成のようすが明瞭に残る(写真)。2重の周濠を含めた墓域の総長は径75mあったと推定され、葺石はなく、円筒・器材埴輪片を採集した。
 1915(大正4)年に地元民によって発掘され、組み合せ箱式石棺[長さ2m×幅0.8m]から、四神四獣鏡1、勾玉2、銅鈴1、碧玉製管玉17、トンボ玉2、鉄刀片1が出土し「東京国立博物館」に収蔵された。出土した土器片から、5世紀末の築造を推定。
 讃岐における円墳として、最大規模である。被葬者は、畿内王権が進めた瀬戸内海の制海権掌握の一翼を担った者であろうか。
CIMG5242向井原古墳.JPG
 「向井原古墳」(多度津町奥白方)は、さらに内陸に入り、山頂に戦国時代の山城が残る天霧山(標高360m)の北端にある。円墳1基に横穴式石室2基があり“1墳2石室”という珍しい形式。現在は1基の横穴式石室のみが残って北に開口し、ブドウ畑のなかにある (写真)。羨道長1.67m、玄室[長さ2.4m×幅2.1m]を測り、天井がドーム状に高まる“段の塚穴型”と呼ばれる構造。刀身、有柄須恵器など30点余を出土した。6世紀後半の築造。
 段の塚穴型とは、玄室に広い空間を確保するため、平面プランを太鼓張り状に側壁を胴張とし、天井を斜めに高く持ち送ってドーム型にしたもの。徳島県にあって「段の塚穴」(美馬市美馬町)と呼ばれる太鼓塚古墳(径37m/高さ10m)と棚塚古墳(径20m/高さ7m)の円墳2基を典型例とする。2基は25mを隔てて並び、ほかにも類似の玄室を擁する古墳が県西部の旧・美馬郡に32基あるとされる。P1010536 向山古墳.JPG
 
 「向山古墳1号墳」(多度津町東白方向山)は、弘田川右岸(東岸)で、当時は海に面した向山(むかいやま)と通称される丘陵頂にある。円墳であるが、いま周りはオリーブ園で、墳丘の一部が樹々の茂りに囲まれて残る(写真)。横穴式石室のある後期古墳で、出土した鉄刀には、鍔(つば)と刀身に銀象嵌をはめ込んだ意匠が施されており「多度津町立資料館」に保存されている。
 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

善通寺市域の中・後期古墳

 五岳(筆の山・香色山・我拝師山・中山・火上山)の南麓で5世紀中ごろまで有明古墳群が続いたが、5世紀後半には五岳の北麓で天霧山との間に広がる扇状地に円墳1基が登場する。P1020022 青龍古墳.JPG
 「青龍古墳」(善通寺市吉原町)がそれで、農耕地に囲まれた標高20mの平地にある。かつては墳頂に鷺井神社があったが、いまは墳丘の一部を削って社殿が建てられ、墳丘は北東に向いた社殿の背後にある。(写真)
 径42m/高さ6.5mで2段築成の円墳だが、内濠の幅18m、周庭の幅6m、外濠の幅6mを含めると、総長78mに達したという。墳頂付近に安山岩塊が露出し、東西方位の竪穴式石槨があると推定されるが、未調査。円筒・壺形・形象埴輪片を採集した。
 五岳の南では前方後円墳の有岡古墳群が築かれたのに対し、五岳の北では円墳であることが憶説を呼ぶ。有岡地区で続いた首長墓系列から掣肘を受けて前方後円墳を造れなかったとか、別系統の首長が周濠・周庭を備える秀麗な古墳を築いて対抗したなどと語られる。

 6世紀に入ると、ふたたび有岡古墳群の首長墓系列が復活する。この系列は後に空海を輩出する佐伯一族のものとする見解がもっぱらである。
 「王墓山古墳」(善通寺市善通寺町大池東)は、弘田川上流の有明地区のほぼ中央にある独立丘陵に、盛り土を加えて築かれた。墳長46m/後円部径28mの前方後円墳で、前方部はくびれ幅18m/先端幅28mのバチ型(写真)。墳丘の主軸は、南西―北東方位。
DSCF0013 王墓山古墳.JPG 後期古墳の特色とされる両袖型横穴式石室が、南南東に開口する。安山岩製の石室は全長7.5m/羨道長4.5mで、玄室は[長さ3.0m×幅1.8m]を測る。玄室の長側壁に接して[長さ1.85m×幅1.85-1.90m×高さ1.35m]の石囲い(屋形)を設け、遺体を納めた。玄室の側壁を共有して石囲いを造るものを“石屋形”といい、肥後(熊本県)の菊池川・白川流域で6世紀前期に始まった形式で、40例を数えるという。出雲地域の横口式家形石棺も類似の構造がある。
 盗掘坑があり横穴式石室も壊れていたので被害を覚悟したが、巨大な板石の天井石1枚が落下して石室を閉ざし、豊富な副葬品が守られた。武具では金銅製冠帽1、銀象嵌装飾太刀1、桂甲1、鉄刀5、鉄鏃多数が、馬具では轡4、輪鎧2、雲珠4、辻金具1、杏葉2、馬鈴3、鮫具3が、装身具では、耳環7、玉類418が出土し、ほかに砥石1、土師器壺1、須恵器多数(脚台付き子持ち壺2を含む)で満たされていた。
 副葬品は6世紀中ごろに列島内で作られたものが主流で「善通寺市立郷土館」に保管・展示されている。現地では墳丘と石室が復元・整備され、車でのアクセスも容易。

 「菊塚古墳」(善通寺市善通寺町大池東)は、有岡地区で弘田川上流の大池の北側にあり、王墓山古墳の西約400mにあたる。墳頂に菊主神社の社殿が建てられたので後円部の一部が残ったが、周りは農地化と宅地化が進んで駐車の余地はない。(写真)P1020007 菊塚古墳全景.JPG
推定墳長55m/後円部径35mの前方後円墳は南西―北東方位を主軸とし、もとは周庭などを加え総長90mに近かったという。両袖型横穴式石室を擁し、墳頂に天井石と見られる板状石材が露出する。奥壁に接して石屋形の埋葬部があった。
 出土品は、金銀製耳環4、玉類600点以上(勾玉1と空玉約10を含む)、杏葉・鏡板などの馬具類、鉄鉾・鉄刀・石突きのほか、土師器、須恵器など多様であった。6世紀後半の築造。

 「北原古墳」(善通寺市善通寺町北原)は、菊塚古墳のさらに西約400mにあり、有岡地区の最西端にあたる。柄鏡型前方後円墳で横穴式石室があり、玉類、土器などが多数出土したという。採集された須恵器から6世紀末~7世紀前半の築造を推定。激しい乱掘などにより消滅した。

 「宮が尾古墳」(善通寺市善通寺町)は、大麻山の北西麓の高台にあり、有岡地区を見晴るかす。径20mの円墳で横穴式石室は盗掘されていたが、玄室の側壁である讃岐岩質安山岩の巨石に、線刻画が描かれていた。モガリ儀式、武人、舟団、騎馬人物などが明瞭に読み取れ、被葬者の略歴を示すものと推定。7世紀初の築造。
 隣接して発見された小円墳には、横穴式石室の側壁に武人の大きな線刻画があり「宮が尾2号墳」と名付けられた。

 以上の有岡古墳群について、東から西に向けて並ぶ順番がそのまま築造順であり [磨臼山―鶴ヶ峰4号墳―北向き八幡社―王墓山―菊塚―北原古墳] と、前・中・後期古墳が同一系列の首長墓として並ぶとの推定がなされる。讃岐では前期古墳時代に前方後円墳が盛んに造られるが、中・後期古墳の築造は低調になる。この有明地区に限っては、首長墓系列が継続するという特異な状況を示す。
 善通寺市は、毎年4月29日を「古墳の日」と定め、宮が尾古墳、王墓山古墳、野田院古墳の一般公開を行っている。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

善通寺市・有岡地区の前期古墳

 大麻山に築かれた積石塚に引き続いて、大麻山の北麓で五岳山(筆の山・香色山・我拝師山・中山・火上山)との間にある小扇状地に、盛土墳が登場する。一帯は大麻山、五岳山、天霧山を源とする小河川が集まって弘田川水系を形成するところで、微高地に旧練兵場遺跡群(彼ノ宗遺跡、仙遊遺跡)、九龍神遺跡、稲木遺跡など多くの弥生遺跡があった。
 小扇状地の南東部に独立丘陵の磨臼(すりうす)山(標高119m)と鶴ヶ峰(標高130m)があり、山上に前期古墳が築かれる。それを手始めに西方の平野部へ向けて中期古墳・後期古墳が直線状に並ぶ。これらは一定の期間をおきつつ築造されるので、同一の首長系列と推測されている。地名を冠して「有岡古墳群」と呼ばれる。

 「磨臼(すりうす)山古墳」(善通寺市生野町山相)は、大麻山の北麓にある磨臼山の南西にのびる低丘陵(標高90m/比高50m)にある。墳丘の一部が果樹園として開墾されているが、墳長49.2m/後円部径24mの前方後円墳で、前方部は[くびれ幅=先端幅10.8m]の柄鏡型と推定。円筒埴輪と葺石があった。丸亀平野西部における積石塚地帯のただ中に登場する盛土墳であるので、畿内の影響が推測される。磨臼山古墳 石棺.JPG
 後円部中央に石棺を掘り出したとみられる東西方位の陥没があり「善通寺市市民会館」のロビーに保管・展示されている鷲ノ山産の刳抜式舟形石棺(全長2.3m) がそれであるという(写真)。棺身の石枕は両耳に勾玉の耳飾りを浮き彫りとし、棺蓋は縄かけ突起付きで、双方に朱が固着していた。
 鷲ノ山は讃岐の中央にあって高松市と坂出市を画する山で、石英安山岩質凝灰岩を産する。加工しやすいことから快天山古墳(丸亀平野東部)、岩崎4号墳(津田古墳群)、石船塚(石清尾山古墳群)などの刳抜式石棺の石材として用いられ、これらの前後関係については諸説があるものの、4世紀後半~5世紀初の築造とされる。

 「鶴ヶ峰古墳群」(善通寺市生野町)は磨臼山の西側で、鶴が両翼を広げた姿をした鶴ヶ峰と通称される独立丘陵にある。いずれも磨臼山古墳と前後する時期に造られた前方後円墳であろうが、明確な築造時期を判定する要素に欠ける。
 「1号墳」は、鶴ヶ峰の西にのびる尾根の中ほど(標高120m)にある。墳長26m/後円部径13mの前方後円墳で、前方部は長さ13m/幅5m。前方部を西に向け、4号墳と対峙する。
 「2号墳」は、鶴ヶ峰の北の斜面(標高90m/比高50m)にあり、墳長27m/後円径12mの前方後円墳で、葺石・円筒埴輪あり。竪穴式石槨[長さ1.5m×幅1m×深さ1m]があったとされるが、土取りにより墳丘は消滅した。
 「4号墳」は、鶴ヶ峰の西にのびる尾根の先端(標高116m/比高75m)にある。墳長34m/後円径17-17.5mの前方後円墳で、前方部は長さ17m/幅5mの柄鏡型。前方部を東の山頂に向け、1号墳と対峙する。段築なし、葺石あり、埴輪なし。土取りなどのため墳丘はかなり損壊し、第2次世界大戦期に盗掘され、石室から玉類が出たという。善通寺市が現地に立てる説明板(1992(平成4)年度作成)には、5世紀前半の築造とある。
北向八幡社古墳.jpg 「3号墳」(善通寺町伏見)は「丸山古墳」「北向き八幡社古墳」と通称され、鶴ヶ峰から北西にのびる丘陵尾根の先端(標高60m/比高18m)にある。明治期に後円部の大半を削平して北向き八幡社の社殿が建設された。(写真)
 墳長52.8m/後円部径29.8mの前方後円墳で、前方部は[くびれ幅=先端幅17.2m]の柄鏡型。葺石・埴輪未確認。後円部の削平によって埋葬部が失われたとき、取り除かれた封土のなかから刀装具とみられる鉄器片が検出されたという。
 築造時期については、確たる情報を与えるものがない。磨臼山古墳と墳形がほぼ同じであるから、同じ4世紀後半とする見解があるが、善通寺市が現地で掲げる案内板には5世紀中ごろとする。神社の境内前に駐車できる。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

丸亀平野西部(善通寺市域)の積石塚

 丸亀平野の西部に位置する善通寺市域には400基を超える古墳が確認されているという。ここでも讃岐の津田湾・高松平野・坂出地区と同じく、まずは“積石塚”が築かれ、古墳時代の幕開けを告げる。日本列島において、讃岐以外では見られない際立った特徴である。
 大麻山(標高616m)は象頭山と一体となって中讃と西讃を画する大きな山塊で、北側(海側)の山腹に「大麻山積石塚群」(善通寺市大麻町)が登場する。当時は山麓まで瀬戸内海が湾入したというから、讃岐独特の“山から海を見晴るかす積石塚”が現出した。安山岩の露頭があるわけではないから、土盛りで古墳を造る方が容易であったろうが、石材を他所から運ぶ労をいとわなかったのである。もっとも積石塚は後円部のみで、前方部は盛土墳に葺石を並べる形式が多い。
 前方後円墳の場合には、墳長40m前後、後円部径≒墳長×1/2、前方部を標高の高い方角に向ける、東西方位の竪穴式石槨2基が並行するという古墳時代初期における“讃岐型” の特徴を顕著に示す。近隣地域と情報交換した結果であろうか、あるいは出自が同一ゆえに同じ墓制を採用したのであろうか。
 3世紀後半~4世紀前半に築かれたとみられるが、副葬品など出土品がほとんど発見できないことから、築造時期の詳細を確定できないものが多い。盛土墳に比べ、積石塚は存在自体が目立つから、長い年月の過程で乱掘や盗掘を免れ得ないようだ。

 「大麻山経塚古墳」は、大麻山山頂から北東にくだる中腹の丘陵尾根(標高175m/比高130m)にある。墳長30.9m/後円部径17.7mを測る積石塚前方後円墳で、山頂に向ける前方部はくびれ部幅7.5m以上/先端幅8mと推定。段築なし、埴輪なし。墳丘の北側は深い谷で、南側は削平されている。
方形に近い竪穴式石槨が古墳主軸に直交する東西方位にある。土師器壺(径30cm)1を出土したとされるが、いまは行方不明。3世紀後半の築造か。

 「丸山1号墳」は、大麻山山頂から北東にくだる尾根筋(標高215m/比高170m)にあり、大麻山経塚から北西に数100mを隔てる。墳長43m/後円部径23mの前方後円墳で、前方部はくびれ部幅9.4m/先端幅18mのバチ型。後円部は積石塚だが、前方部は盛土墳で葺石あり。
安山岩製の竪穴式石槨2基が東西方位にあり、長さ4.5mと6.0m。大正期初めに乱掘されて出土品がすべて失われ、1919(大正8)年には砂防ダム建設のため、多くの積石が持ち去られたという。
 「丸山2号墳」は1号墳の北東20mにあり、径15mの積石塚の円墳。東西方位の竪穴式石槨2基は、長さが5mと4m。大麻山積石塚群における最古の古墳で、3世紀後半の築造との見方がある。

 「野田院古墳」は、大麻山山頂から西へくだる尾根筋の丘陵台(標高405m/比高360m)にあり、全国でもっとも比高の高い古墳として知られる。傾斜面にも石を積みながら丘陵台の北西端ギリギリに造ったから、山麓や海浜からの眺望を重視したことが明らか。11世紀末~12世紀初に、同じ丘陵台に“野田院”と呼ぶ寺があったのが名前の由来。野田院古墳 DSCF0036.jpg
 墳長44.5m/後円部径21mを測る前方後円墳で、前方部はくびれ幅7.5m/先端幅14mの讃岐型。後円部は積石塚だが、前方部は盛土墳で葺石あり。石材は大麻山で採れる割石を主として用いた2段築成。墳丘の外表には口縁部が赤く塗られた広口壺が供献されていた。これらが現地で復元され、観覧台から見下せる(写真)。車ですぐそばまで行けるから、見学にたいへん便利。
 埋葬部は、安山岩の板状塊石製の竪穴式石槨2基が東西方位にあり、長さと幅は[5.15m×0.8m]と[5.7m×0.8-0.9m]。盗掘されていたが、第1主体からガラス小玉、極細管玉、鉄剣などを、第2主体からガラス玉、碧玉製管玉、鉄剣片、小型土器群(畿内系)などを検出した。出土した土器片などから3世紀後半の築造を推定。

 「大麻山椀貸塚古墳」は、大麻山山頂から北東にくだる中腹の丘陵尾根(標高221m/比高175m)にある。大麻山経塚から尾根筋に沿い150mほどを隔てる高所にある。墳長39m/後円径20mを測る前方後円墳で、山頂に向ける前方部はくびれ幅7.5m/先端幅13.5mと讃岐型。安山岩の塊石で大部分が造られ、後円部は積石塚だが、前方部は盛土墳で葺石あり。段築なし、埴輪なし。外表部から高坏脚部の土師器片を採集した。
 後円部頂に盗掘坑とみられる窪みがあり、竪穴式石槨が東西方位にあると推定。4世紀初頭の築造か。

 「木戸口古墳」は大麻山の中腹で、椀貸塚からは中谷川を挟んだ別尾根(標高279m/比高233m)にあり、南東に約700mを隔てる。径15.2m∼16.7mの円墳で、周辺で産する安山岩を積み上げた積石塚。散乱する板石は竪穴式石槨のものとみられ、盗掘跡とみられる攪乱坑がある。
2008(平成20)年ころに初めて存在が確認され、遺物は発見されなかった。


 以上のほか、大麻山から北西に4kmほどを隔てる火上(ひあげ)山(標高409m)にも積石塚がある。付近に安山岩の露頭はないが。
 「大窪経塚古墳」(善通寺市吉原町三井之江)は、山頂から北に派生する丘陵尾根の鞍部(標高210m/比高190m)にある。平安時代に建立された山林仏教寺院の“大窪寺”が近くにあったのが名前の由来。墳長32m/後円部径16mを測る前方後円墳。後円部は積石塚、前方部は盛土墳で葺石ありとされるが、前方部は失われ確認できない。埴輪なし。
 安山岩製の竪穴式石槨(長さ3.58m)が、東西方位に開口する。大正期に乱掘され、鉄剣1、土師器壺1、小壺破片3を採集した。積石塚の西限を画し、4世紀中葉の築造。 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

大束川下流域の前方後円墳

 大束川の流れに沿って、さらに下流域には次の前方後円墳2基がある。田尾茶臼山古墳は前期古墳ではなく、5世紀代に造られた中期古墳であろうが、便宜上ここで取り上げる。吉岡神社古墳 後円部.JPG

 「吉岡神社古墳」(丸亀市飯野町東分)は、大束川下流域の左岸(西岸)で、丸亀市と宇多津町の境界を画する青の山(標高224.5m)にある。青の山は整美な円錐形の山だが、南西側に長くのびる舌状丘陵があり、その丘陵端(標高32.5m/比高26.5m)に築かれた。現在、吉岡神社(石ヶ鼻神社)の本殿の裏山(写真)にあるが、築造時は瀬戸内海に突き出た半島から、内陸方向を見晴るかしたであろう。
 墳長55.6m/後円部径28mを測る前方後円墳で、前方部は青の山の高みに向け、くびれ部幅8.6m/前方部先端幅22.4mと大きくバチ型に開く。段築なし、葺石未確認。
 板状安山岩を積み上げた長大な竪穴式石槨(長さ5.5m)が南北方位にあり、大量の水銀朱が塗布された粘土床に、割竹型木棺があったと推定。平成年間における累次の調査で、鉄鏃2、銅鏃16、翡翠製勾玉1、碧玉製管玉1を出土した。江戸末期に乱掘されたとき、鉄鏃7、銅鏃5、筒形銅器1が出たと伝わる。
 「筒形銅器」は、西日本を中心に3世紀末から4世紀後半の古墳約50基から出る副葬品である。用途不明だが、筒の中に小石や玉を入れて棒の先端に取り付け、鳴動させるとの想定が納得的。讃岐では石清尾山古墳群の猫塚古墳からも3点出土し、阿波では北東部の「勢見山古墳」(徳島市勢見町、もとは前方後円墳か)と「山の神古墳」(石井町、墳長56mの前方後円墳)から各1点が出土した。
 朝鮮半島の南東部にある金官伽耶国の王族の古墳約25基から出土し、1基からさまざまな型式の10点近くが出たから、朝鮮半島から持ち込まれ、列島の有力首長間で珍重・分有されたとの説が有力視されている。(高田貫太『海の向こうからみた倭国』講談社現代新書 2017.2 など)
 外表部から採集された畿内型の直口壺は布留2式後半~3式前半のものとされ、この面からも4世紀後半の築造が推定されている。田尾茶臼山.JPG

 「田尾茶臼山古墳」(坂出市坂出町田尾)は、川津茶臼山古墳と吉岡神社古墳から、さらに大束川下流域の右岸(東岸)にある。ここに聖通寺山・茶臼山・津の山(角山)の3山が南北に連なるなかで、中央の茶臼山の頂上(標高53.3m/比高40m)にある(写真)。現在、茶臼山は高松市と丸亀市を結ぶ県道33号線に沿うが『新・宇多津町誌』(1982.3)によると、古墳時代の3山は瀬戸内海に突き出した半島状にあり「西の青の山との間に囲まれた入海で、(古墳は)海難や停泊などで重要な役割を果たした首長の墓であろう」という。
 墳長76.5m/後円部径38.2mとかなり大型の前方後円墳で、前方部はくびれ部幅23.5m/先端幅32.9mとバチ型。前方部1段・後円部2段築成、葺石・円筒埴輪あり、後円部頂に刳抜式石棺の一部と思われる手洗磐がある。円筒埴輪の形式から、5世紀前半の築造を推定。

 蔵本晋司氏(香川県教育委員会)は、大束川中下流域に築かれた前方後円墳4基に関し、川の流れに沿い上流から下流へ順に造られたとし、三ノ池古墳→川津茶臼山→吉岡神社古墳→田尾茶臼山の築造順を推定する(「丸亀市吉岡神社古墳の再検討」『香川県埋蔵文化財調査センター 研究紀要Ⅺ』2004.3)。
論者によっては、川津茶臼山古墳と吉岡神社古墳の築造順をほぼ同時期としたり、逆としたりする見解もある。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の20件 | -